山の手コラム  ー植物の色つれづれー

日本の染料植物の保全と栽培のネットワーク

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

国際天然染料シンポジウム&展覧会 ISEND 2011 Europe 登録締め切り2/15

2011-02-01 | 染織、染料植物
International symposium & Exhibition on Natural Dyesのプログラムです。
この他、研究発表のポスターセッション、アート作品の展覧会、天然染料や天然顔料、それらを使った開発商品の見本市にも日本から出品出展されます。現在、各国から600人以上の出席、日本からも20人を超えています。
今回は、繊維への染料や絵画に使う顔料はじめ、塗装、化粧やヘアカラー分野で使われる染料・顔料の研究と開発の発表や販売があります。

また染料や繊維植物の栽培農家、工場、流通分野の参加、自然科学から美術、考古学、文化人類学、経済~、分野を超えたセッションが繰り広げられます。

私は、紫根を使ったデモンストレーションとポスターセッション、作品を展覧会に出品します。
参加される方は是非声をかけて下さい!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加