山の手コラム  ー植物の色つれづれー

日本の染料植物の保全と栽培のネットワーク

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

藍の入れ替え

2010-04-15 | 染織、染料植物
昨年の10月に絹と羊毛の糸染め用に酒と灰汁で建てて、冬の間使っていた藍がそろそろ終わりのようです。
900gのすくもで約10L建てて、部屋の中に置いていたので、じっくり観察できました。
一石五斗の藍瓶で発酵建てをしたのが25年前、今回は10L建ててみたのですが、
今更ながら温度とpHによる微妙な変化を体感しました。

良い匂いと色、液の重さ等、居間で共に冬を暮らしました。

夏には藍瓶で思い切り建ててあげようと思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加