山の手コラム  ー植物の色つれづれー

日本の染料植物の保全と栽培のネットワーク

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

黄蓮を使って綿を染める

2010-03-25 | 染織、染料植物
綿を黄色に染める場合、
植物はいろいろあるけれど,堅牢度高く,色の変化があまり無いものとなると難しい。
もちろん、豆汁で下地を作り,黄檗も良いが、抽出液に濁りがなく、染着力が高く、
日光にあてて変化が少ないのは黄蓮かなと思う。

生薬にするには,育てて使えるようになるまで10年はかかるという。

染料植物はもっといろいろな可能性があると思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

綿の紫根染

2010-03-13 | 染織、染料植物
柔らかい紫色です。
柔らかいクリーム色と組み合わせたり、シンプルなワンピースが良いかもしれません。
すすぎ水には全くと言って良いぐらい色の戻りがありません。
ほぼ無色透明です。

安心して洗濯できます。
おしゃれ着ではなく、普段着にしたい。

紫色は化学染料より紫根の方が日光堅牢度は高い。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

茜染は洗濯に強い

2010-03-13 | 染織、染料植物
染めた後の最初のすすぎ水にもほとんど色はでてきません。
染める前に綿布に大豆タンパクや虫こぶにあるタンニンで媒染して、
その後に明礬石で先媒染をして水洗いして乾燥させておいてから染める。

洗濯機で洗っても、大丈夫です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ムラサキと日本茜と藍の日光堅牢度

2010-03-01 | 染織、染料植物
この3種類の堅牢度はとても高い。

それぞれで絹布を染め、国連大学1階のGEICや北海道医療大北方伝統薬物研究センターの資料室でそれぞれ1ヶ月の展示をした。
両会場とも2方から自然光が入り、蛍光灯を1日中つけている。
1ヶ月間の展示を行ったが、この3種類は解説文を布に付けたが、付けていないところと全く色が変わっていない。

一昨日は直射日光があたるところに展示した。
黄檗の黄色は色に変化が合ったが,それ以外は変化していない。

素晴らしい色達である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加