山の手コラム  ー植物の色つれづれー

日本の染料植物の保全と栽培のネットワーク

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東京 資料展は26日まで, 青山通り国連大学1階 GEIC

2009-12-17 | 染織、染料植物
柔らかで美しい色と素材がいっぱいの展示です。
染料薬用植物の色と機能、蚕のインセクトテクノロジー、
それらの恊働が生み出す伝統と新技術をベースにした研究や作品、
生み出された商品が一同に見ることが出来ます。
生物多様性からみた持続可能な資源としての染料・薬用植物と天然繊維展、

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京農大 長島研究室 蚕のインセクトテクノロジー

2009-12-17 | 科学
野蚕の美しさと機能性には驚きます。
天然染料と絹との歴史は紀元前に遡ります。
古代の絹の資料は、麻同様に残っています。
蚕そのものは虫の家ですから、他の虫は喰い難いのでしょう。

ぜひ、東京 青山通り 国連大学1階のGEICで実物を見ましょう。日、月,12月25日はお休みです

東京農業大学昆虫学長島研究室
コメント
この記事をはてなブックマークに追加