山の手コラム  ー植物の色つれづれー

日本の染料植物の保全と栽培のネットワーク

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

綿の茜染

2009-05-29 | 染織、染料植物
植物の持つ様々な成分を有効に使い、3日間で丁寧な前処理&先媒染,染色をするとオーガニックコットンがこのくらいの濃さに染まりました。オーガニックを貫き、その先に見えた未来という感覚です。すすぎ水にもグラスにあるようにほとんど色が出ません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウォード woad=Isatis tinctoria L. のインディゴ色素

2009-05-23 | 染織、染料植物
5月10日のブログの写真にあるウォードの葉をたたき染めしました。
蓼藍 Polygonum Tinctoria L.より薄めですが、しっかりインディゴ色素を確認出来ました。
ローマ時代~中世にかけてケルト人のゲリラ戦士はこの葉を顔に塗って闘ったそうです。
以前メル ギブソンが映画にもしました。
この戦士のことをwoad Raiderというそうです、私もゲリラモードになる時は顔に塗ろうかな~

今は茎が伸びてきて蕾の準備が始まっています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紫草開花

2009-05-20 | 染織、染料植物
咲きました!
一昨年前の晩秋に蒔きそこねて早春に蒔いた種です。
昨年は花をつけるところまでは行かず、そのまま越冬、
庭に下ろしてようやく咲きました。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

越冬ウォードのindigo成分

2009-05-10 | 染織、染料植物
フランスからやってきたwoadの越冬した下葉を
虫が食べたようで酸化してindigoが見えます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エルサルバドルの藍

2009-05-04 | 染織、染料植物
なにやら調べていたら楽しくてためになるホームページに出会いました。
「藍を育む日々」、タイトルがいいですね。
藍関係者なら「そうだ!」と思うはず。
藍と向き合ってというか,付き合っていると、
共に生きるというか,共生関係になります。

藍を育む日々
コメント
この記事をはてなブックマークに追加