山の手コラム  ー植物の色つれづれー

日本の染料植物の保全と栽培のネットワーク

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フランスの紫根ーアルカネット(Alkanna tinctoria(L.)Tausch.

2008-04-29 | 染織、染料植物
南仏の友人からフランスの紫根ーアルカネットの花の画像が届いた。
背景の石垣に紫色の花が美しい。
そしてこの花の根ー紫根はいっそうたくましく、すばらしい。
アルカネットの花や茎にも小毛があるが日本の紫根ームラサキの自生種ほど栽培種よりもびっしりと小毛がある。

古代エジプトではアルカネットの根からオイルで色素と薬用成分を抽出して目のくまどりや口紅にしたとか。
紫根のアイシャドウーや口紅なら化粧をしない私でも使ってみたいと思う。

アルカネットを最初に染めたのは2000年、既に根を細かく粉体にしたものを仲間のフランス人染職人から
もらって帰り、染めた。そのときにテキストにしたのが今回の写真の主の本である。

時はめぐり,人もめぐる。
彼女は「先週、おばあちゃんになったの」と、この写真と生後1種間の孫の写真を送ってきた。
この8月はこのアルカネットの根を持って彼女が日本にやってくる。

私が染めたアルカネットの根をくれた友人は愛する人と別れてしまったと人づてに聞いた。

色を愛するものたちと追い求めるその色の美しさの間にドラマがたくさんある。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

函館・元町 天然の色展とワークショップ

2008-04-17 | 染織、染料植物
日時:4月20日(日)~4月26日(土)10:00~19:00 水曜定休
場所:ギャラリー村岡 函館市元町2-7

ワーク開催時間:4月20日(日)14:00~17:00 

内容:染料と顔料のちがい
   バインダーってなに?卵、樹液、膠、大豆
   土顔料で描いてみよう!紙、麦ボード
   土顔料ってなに?
   植物顔料で布に描いてみよう!
   灰汁と酢など

村岡さんとの出会いは24年前、
最初の展覧会は「明治館と仲間たち展」、
アートと街づくりが原点です。

北の藍染織工房が生まれた翌年でした。

函館で藍の種を蒔いてきます。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加