山の手コラム  ー植物の色つれづれー

日本の染料植物の保全と栽培のネットワーク

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

小浜島の藍布は澄んだ藍色

2007-08-29 | 染織、染料植物
この布を見て思わず声を上げてしまいました。
小浜島のおばあ達が家族のために染めた布、タデアイではなく、インド藍のナンバンコマツナギを育て、沈澱藍を作り、心を込めて染めているからでしょう。

売らんかなとか、いかによく見せようとかいう邪心が無い、媚びていない。

八重山の藍シンポジウムでは、いいものをたくさん見せてもらいました。
3日間皆さんと一緒にすごし、工房もご自宅にもお邪魔して、泡盛もしっかりいただき、
そうして、主催者それぞれの皆さんの気持ちが解りました。

島はいいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八重山のもう1つの赤色染料植物ー紅露=クール

2007-08-28 | 染織、染料植物
なんともいえない赤です。
古いイモほど良い色が出るそうです。

名前がいいですね。美しい文字です・・・誰があてたのでしょう。
採取や栽培して染める~色をいただくという気持ちが強くなります、だから保全する。
これが本来の植物染ですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

赤く染めてみました。

2007-08-28 | 染織、染料植物
媒染は椿灰を使いました。
いい赤です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

染料にする部分は外皮を削ったその内側です

2007-08-28 | 染織、染料植物
生なので削りやすかったのですが、根の内側はきれいな黄色でした。時間が経つとオレンジ色になって着ました。
日本茜は掘り出したときはオレンジです。翌日には赤くなってきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤエヤマアオキ=モリンダの根の切り口です

2007-08-28 | 染織、染料植物
2ヶ月近くもブログを休んでしまった・・・
その間に石垣島、那覇、福岡-津屋崎、京都、広島-三次、八丈島で染料植物を探したり、話を聞いたり、染歩いて着ました。日本は広い、島は面白い。

これは掘り出したヤエヤマアオキの根です。

深石さん、感謝!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加