山の手コラム  ー植物の色つれづれー

日本の染料植物の保全と栽培のネットワーク

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

A Good Day to Dye

2010-06-19 | 染織、染料植物
チェリストのヨーヨーマ氏がディレクターを務めるSilk Road Project, その中の教育的プログラムが
Silk Road ConnectSilk Road Connect

その中のA Good Day to DayやIndigo Goes to Schoolをご覧下さい。

インド藍と自由な絞り技法を使ったワークショップはIndigoの可能性を感じさせます。
流れる音楽に心が弾み,創作イメージも湧いてきます。

ヨーヨーマ氏が自分のチェロを弾き、そして楽器を見せながら、ここの部分は何で出来ているか、何処で作られているかを話していますが、シェラックも出て来ていました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黄檗(キハダ)の皮を剥く | トップ | ムラサキの花、種、紫根の掘出し »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めまして (momo)
2010-07-23 01:08:30
初めまして。
和紙の草木染めに関して調べていて、こちらのHPを拝見しました。
大変勉強になります。
メールの送り方がわからずこちらから失礼します。(前のコメントに書かれている左下が見つけられませんでした。)
和紙の草木染めに興味があるのですが、そういったワークショップやおすすめの本等ありましたら教えていただけませんか。
特に藍染め(紺紙)について調べています。
和紙の藍染 (indigo)
2010-07-25 09:10:00
和紙を藍染めする時は,こんにゃく糊を薄く紙に引いてから行うといいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。