山の手コラム  ー植物の色つれづれー

日本の染料植物の保全と栽培のネットワーク

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

黄檗(キハダ)の皮を剥く

2010-06-14 | 染織、染料植物
黄檗の皮を立ち木の状態で切り込みを入れて剥がしました。

参加者も私もこの作業の臨場感と色の美しさに感激、
皆さんからは「参加して良かった、でもこの木はどうなるのですか?」とか、
「育てて使うということがよく解りました」などと言って頂き、
樹齢20年余りのキハダも報われたと思います。

ホームページにも画像を数枚掲載しています。 

キハダの皮の採取
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 交雑したムラサキ | トップ | A Good Day to Dye  »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
黄檗の木 (紀美子)
2010-07-07 22:54:05
宇治の万福寺に行きました。黄檗の木を見たいのですが何処で見れるでしょうか、教えてください。
キハダの木 (indigo)
2010-07-25 09:21:42
黄檗寺とは黄檗に由来はないとか聞いたことがありますが、
万福寺に植えてあるかは行ったことがないので知りません。
黄檗を確認したいのでしたら,京大の植物園に行ってはいかがでしょうか。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。