山の手コラム  ー植物の色つれづれー

日本の染料植物の保全と栽培のネットワーク

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本茜の実Rubia Akane's berry  桜の紅葉

2012-10-23 | 染織、染料植物
緑色~茶褐色~黒と実が熟し始めています。
このまま12月始めまで待って収穫、毎年メンバー達に配布して、日本各地の庭や畑で栽培、日本の茜色を染めています。
日本茜は自分で育てると、掘りだし後、根の色の変化を見きわめることで、赤色に染めるための成分を保って染めることができます。
栽培3年位で充分に使える色素と量に成ります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 楮を染める | トップ | インド茜の地下茎 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。