山の手コラム  ー植物の色つれづれー

日本の染料植物の保全と栽培のネットワーク

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

蓼藍顔料作り

2009-08-14 | 染織、染料植物
藍の顔料は葉と水と酸素だけで作れます。
今回は蓼藍の生葉1kgから乾燥重量4、8gの藍顔料ができました。
毎年作っていますが、今回は多い方です。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久しぶりのCoSTEP授業 | トップ | 沈殿藍 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (マツオカ)
2011-08-19 14:05:31
こんにちは、藍を栽培してて2回ほど沈殿藍を作ったことがあります。石灰を入れなくても顔料を作れるのですか?
沈殿藍 (hisako)
2011-09-23 14:13:57
石灰を入れなくても、撹拌による酸素だけで作れます。
藍は生葉染や葉のたたき染をして布に藍(indigo)を染め付けることができます。その時、石灰は要りません。水分と酸素があればインジゴを生成できるということです。
インドやエルサルバドルのは、石灰は入っていません。
藍顔料として絵画や色挿しに使いますから、石灰が入っていると色がグレーっぽくなります。
Unknown (マツオカ)
2011-12-19 11:51:55
ありがとうございます、来年ためしてみます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。