皿尾城の空の下

歴史の町行田には忍城のほかに、上杉方の城がありました。

千の風になって

2017-06-09 21:27:39 | 記憶の片隅
結婚して十三年になりますが、結婚式にご列席頂いたかたで、昨年亡くなったかたがいらっしゃいます。
たまたま夫婦そろって休みだったため、今日は墓参りにいくことが出来ました。義父の会社の上司であったかたで、子供がいなかったこともあり、妻が子供のころから、可愛がってもらっていたようです。
昨年春に亡くなったことを義父が会社の知人経由でハガキで知り、いつかお墓参りしたいと言っていたのが、今日叶いました。結婚祝いに頂いた食器を改めて出していました。人生の節目には手紙や記念品をいただくなど、家族のように可愛がってもらったようです。奥様に先立たれため、お一人で暮らしているなか本当に気にかけて頂いたようでした。
人は死後どうなるのか。真っ暗な闇の中に、何も聞こえない、何も感じることのない世界があるのか、子供のころから、死んだ後のことを考える事が怖くて仕方なかった。今でも死ぬのが怖い。でも人は死んでも尚、思いを残す。頂いた手紙や記念品を見ながらそんなことを思いました。
人生という長い旅。いつ終わるのかは分からないことがほとんどで、しかも手にしているのは片道切符であることは間違いありません。今日一日を精一杯生きる。次の世代に思いを残す。そうした時間を積み重ねていきたいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 下岩瀬八幡神社 | トップ | 活気溢れる売り場にて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

記憶の片隅」カテゴリの最新記事