広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ヤン・リシエツキ

2010-10-28 04:40:54 | 日記
紀尾井ホールにて行われた15歳のピアニスト、ヤン・リシエツキのオール・ショパン・リサイタル(10/26)に衝撃を受ける。

プロモーション写真の可愛らしい少年の姿からひとまわり背格好が大きくなり、長い手足がピアノの椅子に馴染んでいないような雰囲気。

しかし、この男の子の魂はすさまじかった。肉体と魂の不一致。強烈に悪魔的なピアニズムだ。

特に、前半の最後で弾いたエチュードop.25全曲が最高。

断章としてではなく、それぞれ独立した楽曲として全12曲を弾き

そのどれもこれもが、テンポも強弱もペダルも型破り。

異様にスローに弾き始め、途中から速度を上げていくパターンが多かったが

一曲ずつ集中して「自分流」のスタイルを吹き込んでいくため、弾き手のエネルギーの消費が尋常ではない。

その前に既に、op10の練習曲から3曲、マズルカ2曲、演奏会用ロンド「クラコヴィアク」を弾き終えていた。

前半だけでトータル60分以上で、おまけにラスト二曲が「木枯らし」と「大洋」である。

体力・精神力の限界まで「見せる」のが、彼の表現者としての落とし前だったのかも知れない。

(自分で自分に拷問を仕掛けて喜んでいる)

60分間ぶっ続けで弾き、颯爽とお辞儀をしてスタスタ幕へ引っ込んでいった。



このリシエツキという子、ポーランドの両親を持ち、カナダの音楽大学に飛び級で入ったというが

教授たちはどういうふうに指導を行っているのだろう?

リシエツキの奏法は理知的だが、型破り。解釈は深いが、ときどき行きすぎて破綻する。

マズルカの舞踊感覚の把握は素晴らしい。ワルツは複雑骨折しそう。

演奏がクレイジーになるのを、本人が望んでいる。

ときどきポリーニのような静寂や、ポゴレリチのような涅槃が見えてくる。

オーソドックスに流れることをとことん嫌う演奏は、

「アンダンテ・スピアナートの華麗なる大ポロネーズ」のポロネーズ部分では

見事に崩壊していた(あーあ・・・)。

あれが最後の曲だから、怒って帰った客もいるだろう。

でも、すべての曲が最高だった。


ラファウ・ブレハッチの透明で宗教的なショパンに、酔い心地になった10月だった。

来日中、二回コンサートへ行き「しばらくこれでいこう」と決めていたのに、現実は予測不可能である。

金髪の子鬼さんがひっかいていったスタインウェイの音が、胸のあたりで痛い。


米、カナダ、ヨーロッパではもう人気者らしい。
彼の音楽を「表層的」という人、もう一度聴きにいってみて!






  



ジャンル:
文化
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 天動説の時代の天使たち  »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Blog開設おめでとうございます (562_1992)
2010-10-28 07:37:37
クラシック音楽は聴くのは大好きですが
あまり詳しくはなく、ましてや技術的な事となると
サッパリなのですが、久恵さんの書かれるものは
わかりやすくユーモアがあり、時に詩的でもあり
読んでいて本当に楽しいです。
私の拙い想像力がかきたてられるのです。

記念の年という事で、去年辺りからオールショパンの
プログラムを掲げるリサイタルが多いので、色々と
聴き比べる事ができて楽しいですね。
ヤン・リシエツキさんはまだ15歳!これからですね。
私も聴く機会が巡ってくるのを待ちたいと思います。

Twitter共々、久恵さんのBlog楽しみにしていますね♪
よほど書くことがお好きなのですね♪ (ぶっ飛び与之助)
2010-10-28 07:50:55
京がつくほどの初心者でおます。
ピアニストに限らず、アーティストは与えられたものを正確にこなす、与えられた状況をチャンスに自分を表現する・・・これらのどちらかなのでしょうが、やはり前者は表現者であり、後者が芸術家といえるのでしょうか?
自分の成長とともに矛盾も感じながら苦悶する姿に周囲はハラハラしつつも楽しむのですね。

このブログ、いつまで続くか楽しみだぁ(ウヒッ☆
ありがとうございます! (hisae)
2010-10-28 15:49:31
おそまきながらデビュウ(?)しました。気をつけないと、延々と書いてしまいそうで、俳句のセンスも入れてキリッとまとめたいものです。ショパン、新しい弾き手の登場によって、どんどん若返る音楽だと思いました。自分自身がどこかハミダシ者なので、ハミダシ者に注目してしまいます。また遊びに来てください!
コメントさんきうです (hisae)
2010-10-28 16:20:31
>>562_1992 さま
ユーモラスといっていただいて嬉しいです。赤子の頃からユーモラスだったらしいです(笑)ショパンもユーモラスですよ! いろいろな瞬間にそれを感じます。ヤンの音楽には「果たし状」的なところがあり、癒し系と正反対で驚きました。ホント、ヘンな子ですよ!

>>ぶっ飛び与之介さま
スミマセン。ぶっ飛び猿ノ介と書くところでした。ピアノいろいろ面白い。退屈させない人が好き。ショパンでも、弾く人が退屈だとリサイタルは苦痛なので、刺激的な演奏は「なぜ、いま私は興奮しているのか?」その理由を考えながら聴くようにしています。また色々書くね。
Unknown (ろみ)
2010-10-28 23:35:16
こんばんは。
ブログ開設されたのですね♪おめでとうございます。
小田島さんの文章、うん、やはり詩的ですね。
感覚的なところに何かポンと響かせてくれます♪

ヤン・リシエツキくん(笑)のことは全く知らなかったのですが、とても興味をそそられました。
音楽だけでなく、その人となりにも。。。

ブログ、これからも楽しみにしてますね。
ろみろみ (hisae)
2010-10-29 00:59:19
ろみさん、遊びに来てくれてありがとう!
ヤン君、なんとも一言では言い尽くせない芸術性の持ち主です。我が強すぎて、逆にそれが芸術になっているという。こんなに野心家でいいの? とリサイタルを聴いて感じました。そういう体験じたいが少ないので、おもしろい。実に。また来てくださいね。
Unknown (nail_sweet)
2010-10-29 02:55:57
ブログ開設、待ってました。嬉しいです。

> しかし、この男の子の魂はすさまじかった。肉体と魂の不一致。強烈に悪魔的なピアニズムだ。
> 演奏がクレイジーになるのを、本人が望んでいる。

まったく知らないピアニストなので、一体どんな演奏なのか、強烈に興味が湧いてきます。聴いてみたい。

今まで以上に、私たちファンにたくさんの刺激を与えて下さるのを楽しみにしています。
nailさま (hisae)
2010-10-29 03:16:32
ヤンの演奏、評価はホント分かれると思います。ずっとショパンコンクールを聴いていて、私の中でも演奏の良しあしの基準が変わってきたのですよ。
人間として生きてきた履歴を全部さらけ出して、みずからを世界に問うという演奏しかないだろうと。点取り虫みたいな子は、ファイナルへ進めませんでした。その人が何を愛しているのかが、伝わってこない演奏は色も香りも余韻もないのです。ヤンには、見事にそれがあって、あらゆる瞬間に噴き出していました。なぜそんな過剰なものが? という疑問ゆえに、もっと彼の演奏を聴きたい。興味深々になってしまったのですよ!^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。