監督日記

試合の本当の“速報”また私から見た部活動の様子をライブで発信いたします。

部内試合の見どころ2

2017-06-16 23:08:08 | All Dental
部内試合の見どころ2

次に今年の組み合わせを見る。

今年は、

グループA
渡辺、宮田、近藤、高橋、市川、田邊、森

グループB
鈴木秀、草壁、服部、松尾、双木、山里、宮澤

とした。

まずはグループAから見る。
このグループでは現主将であって4年連続レギュラーの渡辺が第一候補

刺し面、出ばな小手を武器に部内戦ではいつも危なげなく勝ち上がってきた。
関東医歯薬獣でも負けたとはいえ、ベスト4となった相手に一本を取った。

彼の特徴はKY剣道
ヒトがここで打つかというタイミングで技を放ってくる。
分かっているとはいえ、あのタイミングは独特で合わせづらい。

初戦、二戦目を無難に勝ってくるとそのまま行く可能性大

死角は特に見当たらないが、しいて言うなら最近の練習は、
鈴木任せで行う事が多い。

最初から彼の仕切りを見る事は少ない。(院内故に)
明日もそうらしい。
剣道の神様はそこに試練を与えるかも?

頑張って下さい。

2番手以降は接戦
本来ならば去年ブロック1位の宮田だが、
腰を痛めている。

それもかなりの重症。関東医歯薬獣も棄権したぐらい。
彼の剣道は全身全霊のパワフル剣道

それ故の怪我なのかもしれない。
3年前は不甲斐ない自分に腹が立ち、部内試合初日後自ら坊主にした男。

その負けん気はチーム1・2。
是非頑張って下さい。

その宮田に続くのは高橋。
去年、最後まで残って這い上がった男。
負けん気の強さはチーム1・2。

名前も侃志だしね。

でも去年のデンタルは悔しいの一言!。
何故なら一度も本番(デンタル)で出番がなかったからである。

監督としては、痛しかゆしなのだが…。

春先は軒並み相手を倒していた印象は強い。
まだまだ伸びてます。

出場の第一条件としては、ブロック2位以内が欲しい。
是非頑張って下さい。

次は近藤。
孤高の人かと思うような存在感を部活では醸し出すが、
実に良い奴。

今年も伸びてるよ。
関東医歯薬獣の一本は良かった。
面が伸びている。胴はお墨付き。

小手面を局面局面で使えるともっと強くなる。
そろそろ本気で負けん気を前面に出して欲しい。

是非、頑張って下さい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 部内試合の見どころ1 | トップ | 部内試合の見どころ3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

All Dental」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL