課長の昼どき、昼時分!

日常の四方山事を徒然なるままに・・・
平々凡々サラリーマンの四方山話とお昼ごはん。

三段弁当 酔哥

2017年05月16日 | 和食・寿司
正確には覚えていないのですが、大凡10年近くぶりにご飯茶碗を変えました。
今まで使っていたものは、丼よりは小さくご飯茶碗よりは少々大きなサイズ。
東京合羽橋の瀬戸物屋さんで出逢い、ほぼ一目惚れで速攻購入したものです。
雨の日も晴れの日も、胃袋を満たすパートナーとして長い月日を共にした戦友。
そんな戦友と惜しみながら別れを決意し、新たなパートナーになったのこちら。
サイズを少々小さくし、一度に盛るご飯の量を視覚的に少なく出来る相棒です。
何とも言えない良い色したデザインにも惹かれました。これから宜しく(^^

5月9日 火曜日。
この日のお昼は滋賀県栗東市で。
訪れたのはこちらのお店になります。

《酔哥》
栗東市役所近くの美味しい和食のお店です。
この日は取引先のL社F氏とランチミーティング(^^

お昼のメニューはこちら。

さて、何にしましょうかとチョイスしたのは・・・。


『三段弁当』(1,544円)
このお店の一丁目一番地の人気メニュー。
豪華彩りお料理が上中下の三段に。更に茶碗蒸しにデザートとコーヒー付き。
お献立は月替わりの様です。今月は皐月弁当(^^

まずは下段のお料理から。

「お造り三種盛り」と「かしわ酒蒸し胡麻ソース掛け」
お造りは、イカにタイとカツオのタタキ。
お上品で綺麗な盛り付けが心地よい。初夏らしい感じが漂います。
かしわはサッパリ胸肉。胡麻ソースの濃厚さがベストマッチですね。

お次は中段から。

「鰆木の芽焼き 出巻 きゃらぶき」に「里芋 竹の子 海老吉野煮 よもぎ麩」
鰆の柔らかで優しいお味に、海老吉野煮の海老の弾力が印象的です(^^

中段残りのひと枠と上段はじめのひと枠。

「わらび松前風」に「新緑豆腐 うすい豆」
シャキッとした松前風のわらびの食感が心地よい。
新緑豆腐はさっぱり味ですね(^^

上段残。

「天麩羅盛り合せ」と「鮎煮浸し 牛蒡旨煮 ブロッコリー胡麻よごし」
揚げたてサクッと天ぷらは、海老に野菜3種の盛り合わせ。
鮎は骨や肝までまるごとパクリと。ブロッコリーの胡麻よごしは気に入りました(^^


茶碗蒸しに白ご飯とお吸い物。
茶碗蒸しは生湯葉とチーズと言う変わり種。チーズの塩味とコクが美味しい。
ふっくら炊き上がった白飯は粘りと甘味が美味しい。お替りはお好きなように(^^


デザートとコーヒーを飲みながら、ビジネスランチミーティングも無事完了(^^


お料理はそれぞれ少量でお上品な大きさですが、
美味しいものを少しづつ味わって食べるので満腹になります。
とても綺麗で落ち着いた店内。
これだけのお料理がこのお値段で食べられるのですから、
とても人気のあるお店の様です。
また訪れたいと思えるお店でした。
ごっそーさんでした(^^

愉しく行こう(^^
ランチブログ ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ ランチへにほんブログ村
よろしければそれぞれポチッとクリックお願いしますm(--)m
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カレー丼 力餅食堂 | トップ | カツカレーラーメン どんた... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む