HIROZOU

おっさんの夜明け

あんな時代もあったな

2016-11-02 18:15:06 | メモリー

ここのところ朝晩の温度差に鼻水が止まらない

30年ぶりぐらいにアレルギー性鼻炎の再燃か

小さい頃から24歳までひどい鼻炎に悩まされた

社会人になり職場の隣りの部屋が耳鼻咽喉科だった

耳鼻科の先生に可愛がられていたので毎日、治療に行った

(隣の部屋だからな)

毎日鼻に棒を突っ込んだり、まぬけ面でネブライザーをしたり

それでもぜんぜ~~ん良くならなかった

白衣のポケットには鼻炎の噴霧器が3~4本いつも入っていた

それで意を決して‘体質改善,に取り組んだ

弱かった体を鍛えようと

早起きして田んぼ沿いを毎日走った

汗じゃ無くて鼻水をじゅるじゅる流しながら

仕事が終わったらスポーツクラブ

その頃、出始めのエアロビに水泳、スカッシュ

部屋を綺麗にして万年床をベッドに変えた

そうこうするうちに鼻炎が知らずに治っていた

(これほんま!)

生活も一変した

エアロビが自分に向いていたのかメキメキと頭角を現した

(昔から自分の姿を鏡で見るのが好きやったもんな)

わしのファンの女の子達がジムの帰り道に待ち伏せするようになった

(ちょっと嘘くせ~な)


だけどわしの24歳の頃って

後にも先にもあんな時代って無いだろうな

毎日がお祭り騒ぎ

地元の同じ年頃のアホ息子が皆、親にBMやらベンツやら買って貰って

一番すごい奴なんかエアロビのインストラクター口説くのにイタリア製の特別仕様のフエラーリ買って貰って

20歳そこそこの奴に社会人になったお祝いにってゴルフ場の会員権なんて普通だったもんな

女の子が「ひろ造さん、隅田川に花火を見に行かない?」

って言うんでのこのこ出かけたら

そこんちのハゲ頭の親父が屋形船一艘借り切っていた

その頃、テレビでW浅野がどうのこうのってドラマをやっていたらしいが

わしなんぞ飲み歩くのに忙しくてそんなテレビ見た事が無かった

最近わし椅子のある飲み屋に行った事が無いんやけど

立ち飲み屋ばかりじゃ

何の話やったっけ?

鼻炎の話か









ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アジの開きが食べたかった | トップ | 上級から下級へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

メモリー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL