ヒロ爺のあれやこれや!

憩いと安らぎを・・・

車中泊の旅(五日目)

2016-10-18 22:41:08 | ツーリング・旅行


今日は夕刻のフェリーに乗るので遠くへは行けません。
地図を見ると、近くに中津城があります。

梅田駅の隣の中津駅に通勤をはじめて7年目。
ヤフー乗換案内で「中津」と入力すると、福岡の中津も表示されます。
観光地としては有名ではありませんが、どんな町なのか興味があります。
中津城は9時開場とあるので、朝マックを食べながら待つことにします。
野菜不足だったのでしょうか、サラダが一番美味しかったです。


大きなお城ではありませんが、黒が基調で歴史を感じさせます。
城の周りから何枚もシャッターを押します。
よく見ると、石垣よりお城の方が外側に出っ張っています。
想像ですが、石垣を登ってくる敵に上から石を落したんじゃないでしょうか。








 

お城の中は、博物館で鎧兜など色んな物が展示がされています。
一番上の階は、外に出られようになっていて360度で街の景色が見られます。
大きなビルがなく、遠くまで見渡せるので気持ちがいいですね。









お寺がたくさんあって観光ルートになっています。
昔の街並みも残っていて、一緒に回ります。
お城の駐車場に車をおいて、ウォーキングで回ることにします。






                  刀のキズ痕
赤い土塀のお寺がありました。
合元寺は赤壁寺とも呼ばれていますが、白塀を何度塗り替えても、血痕の赤色が浮き出てくるので諦めて塀を赤く塗ったことが由来だそうです。




古い町並みを見に行くと、途中で洒落た陶器のお店がありました。
冷やかし気分で入ってみます。
陶器中心の品揃えですが、ガラス器も置いてあります。







以前から欲しかった切子の前で眺めていると、店主が説明してくれますます欲しくなってきました。
車中泊の倹約旅行なので、自分用に切子を買いました。
家人にもシンプルなデザインのバックを忘れずに買いました。




フェリーに乗り遅れてはいけないので、交通渋滞を考慮して余裕をもって走ります。
昼食の後、時刻をみると十分余裕があるので、平尾台を経由してフェリーターミナルへ行くことにします。

平尾台は、岩がゴロゴロした丘陵で、秋吉台とよく似た風景です。
写真撮影には面白いみたいですが、ほどほどの時刻になったので切り上げました。











16時までに受付を済ませる予定でしたが、スムーズに走れたので15時に到着しました。
フェリーへは16時から乗車すると聞いたのでターミルで休んでいました。
15時半に車に戻ると、すでに乗車がはじまっていました。

「一番風呂に入るぞ!」と部屋に荷物を置くや、風呂場へ急ぎました。
既にスリッパが1足あり2番手かと思ったら、「タオル、忘れた!」と部屋に戻られました。
ラッキー!一番手になれました。
全く汚れのないお風呂に最初に入るのは、気持ちのエエもんですなぁ。
体を洗ってからもう一度入ろうとしたら、もう石鹸泡で汚れています。
もうちょっと綺麗に使って欲しいものです。


        まもなく出航!

お風呂からあがって、ようやく出航です。
甲板に行くと、お風呂で一番手を争ったおじさんと奥様がおられ、しばらく雑談します。
乗船前に弁当などを買っていないので、レストランでバイキングを食べていると先のご夫婦が前の席に来られ、就寝前まで話しました。
一人旅の寂しさを感じずに最後の夜を楽しめました。


翌朝はスッキリ目覚め、4時半に無料の朝食をいただきます。
6時半に自宅に着くと、暖かい空気を感じました。
旅行は楽しいけど、やっぱり自宅が一番やね〜!


(撮影:富士フイルムX-E1、リコーGX200)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 車中泊の旅(四日目) | トップ | ジュニアテニス観戦 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (だいく)
2016-10-19 02:48:37
お疲れ様でした!

良い旅に成りましたね(* ̄∇ ̄)ノ

私も車中泊の旅に出たく成りました(笑)
Unknown (もも吉)
2016-10-19 11:15:17
ラスト「自宅がいい」としめましたか
それは
自宅に待ってくれてる人がいてるからそう思えるのですよ
独り暮らしならどうだったでしょうね
家族の存在って良しも悪しも大きいですよね
おかえりなさーい
だいくさんへ (ヒロ爺)
2016-10-21 13:49:50
はい、良い旅になりました。
下調べも不十分でしたが、毎日新しい発見がありました。
体調万全ではなかったのですが、それを忘れるほど楽しかったですね。

車中泊は好きな行動がとれるところが魅力です。
だいくさんなら、一度で懲り懲りというかも。
もも吉さんへ (ヒロ爺)
2016-10-21 13:50:42
「自宅がいい」というのは、いろんな意味があります。
家族の存在が一番かもしれませんが、それだけではありません。

住んでいる地域やそこに住む人というのもあります。
住み慣れた景色に出合うと、それだけでホッとするのです。
空気が変わったように感じるのはあっしだけなのかな?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。