ヒロ爺のあれやこれや!

憩いと安らぎを・・・

強き草花

2017-05-03 18:50:14 | 日頃のできごと


ふと気がつくと、家の門の前に小さな花が綺麗に咲いている。
よく見ると、タイルとコンクリートの隙間から生えている。
「よくぞ、花を咲かせたな!」と声を掛けたくなる。
庭に植えていたネメシアの花の種が飛んだようだ。

     


他にないかな?と見て回ると、こんな花もありました。
こんな草花でも、子孫を残すという逞しい力があるんですね。

  


果物では、水分を上げないようにして実の糖度を上げると聞いた。
飢餓状態に置くと鳥などが実を食べてもらえるように魅力を増し、固有種が絶えないようにするというDNAが働くのかもしれない。

人間の子供も、ぬくぬくと過保護に育ててはダメなのかもしれないな。
そんな気がした今日の夕暮れでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 墓石完成 | トップ | 法雲寺のツツジ »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (もも吉)
2017-05-04 09:51:13
強い!
闘病中に草花のこの強さに喜びを感じ救われました
自分の生命力もきっと負けないと心を強くたてなおすことができた思い出があります
もも吉さんへ (ヒロ爺)
2017-05-04 18:38:44
土の見えない小さな隙間から芽を出し、花を咲かせる生命力には驚きますね。
「草花の強さに救われた」と聞いて、 闘病中の辛さを想像しました。
死と対峙したら、もも吉さんのような気持ちになるのでしょうね。

何気なく生きていますが、「生きる」ことの意味を考えるべきかもしれません。
「今、何をなすべきか!」が一番の課題でしょうね。

コメントを投稿

日頃のできごと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。