ヒロ爺のあれやこれや!

憩いと安らぎを・・・

蟹バスツアー参加

2017-02-08 23:04:42 | ツーリング・旅行


今日、ウォーキング仲間5人で、蟹フルコースを頂く日帰りバスツアーに参加してきました。
JR難波駅OCATビルに7時過ぎに集合し、京都府夕日ヶ浦温泉に出発します。

朝5時に起きるつもりだけど、起きられるか不安。
いつもより早めに寝たら、目覚ましより早く起床。
やっぱり、睡眠時間は大事だね。

  
       ツアーの受付
  
       天井と柱が素敵!

バスへの乗車は、定員の半分ほどでラッキー。
二人掛けに一人でゆったり座れました。
「平日なので老人会旅行みたいかも?」と思っていましたが、若い女性の参加者もいて良かったですね。

  
         車窓から

山に入り日本海側に近づいて行きますが、雪はなし。
遠くに見える高い山が雪化粧しているくらい。
今年は雪中登山もしていないので、雪を見ながら蟹を頬張りたかったのですが・・・







           庭では薔薇の手入れ中

11時に夕日ヶ浦温泉「紫峰閣」に到着。
さっそく客室で蟹をいただきます。
カニ刺し、焼きカニ、蒸しカニ、カニ鍋とむしゃぶりつきます。




           カニ刺し
                            
                                      焼きガニ

           カニ鍋
                            
                                      雑炊

比較的安い料金なので料理は期待していませんでしたが・・・
思ったよりもずっと良かったです。
雑炊を食べたら、もう~満腹!


少し休憩して温泉へ
展望風呂と露天風呂がありましたが、おすすめの5階の展望風呂に。
海を眺めながらの温泉はエエもんですなぁ。


       左から、おいら2さん、あーちゃん、山ちゃん、ラムちゃん
       あっしが写った写真は超ピンボケでボツ・・・(泣)

       5階からの景色



       よーく見ると船の形の建物(隣の旅館)


出発まで15分ほどあったので、海岸へ行きます。
日本海まで来て、カニを食べるだけではもったいないと思ったからです。
冬の暗くて荒々しい海を想像していましたが、全く違いました。
晴れ間があって、青い海に白い波。





明日から寒波で雪が降るとの天気予報。
きっと、一日違うだけで、全く違う日本海の景色になるのでしょうね。
来年は冬の日本海らしい景色に出合いたいです。


        帰りのバス乗車
                            
                                      夕日の時刻に帰阪


(撮影:ソニーRX-100)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 庭にハナミズキ | トップ | 魚焼き器 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (もも吉)
2017-02-09 00:35:51
美味しそーーーー
バスは空いててよかったですね
Unknown (だいく)
2017-02-09 05:12:34
毎年毎年かに食べに日本海側って思っても
一度も行ってません(笑)
嫁はんがあまりかに好きじゃないんで(笑)
もも吉さんへ (ヒロ爺)
2017-02-09 14:18:30
地元産のタグ付き蟹ではないので、絶品とは言えません。
でも値段を考えれば、十分に納得できる内容でした。

今回は日帰りの蟹ツアーでしたが、手軽に行けるのでこれでOK。
バスの往復は退屈しますが、「のんびりできるやん!」と考えれば。
今回のように空いてるなら、来年も行きたいね!

だいくさんへ (ヒロ爺)
2017-02-09 14:20:14
あっしは蟹が大好物。
うちの家人も、だいくさんところと一緒で好きじゃないみたい。

以前は、雪が少ない12月に冬のツーリングしてました。
食べ過ぎて、バイクや車の運転はしんどいので、いつも一泊してました。
今は高速道路が伸びたので、食べ過ぎなきゃ十分日帰り可能ですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。