西の空は晴れている

絶望の向こうに希望がある............、はず!

天武天皇・持統天皇陵

2017-03-07 22:21:11 | 神社 古代

天武天皇・持統天皇陵(野口大墓)です。古墳です。○○天皇陵と言われるものの多くは、実際は誰の古墳なのかはっきりしないのですが、この古墳は被葬者の実在性を含めて治定が信頼できる数少ない古代の陵墓です。見晴しの良い高台に上っていくと直ぐ陵墓があります。

天武天皇(大海人皇子)は、壬申の乱で大友皇子を倒した後に皇親政治を行い、記紀の編纂を含め、この時代の政治、宗教、文化を造った天皇。「日本」を国号とした最初の天皇とも言われています。兄弟の天智天皇(中大兄皇子)が単なる暗殺者で、白村江の戦いで国を傾けてしまった?な御仁であるのに対して評価の高い天皇です。一般的に奥様の持統天皇(鸕野讃良皇女)は天武天皇の意思を継ぎ、政治を行ったことで知られ、夫婦一対で見られがち。陵墓も同じ場所です。

でも、鸕野讃良皇女は天智天皇の娘なんだよな~。夫婦愛でもって、夫の意思を次いで頑張った純愛の天皇なのか?それとも、野心ギタギタで、強かに生きた女帝なのか?いずれにせよ、魅力的な方で波乱万丈の人生だったのでしょう。この両天皇については興味深々です。大河ドラマも女性を主人公にするなら持統天皇あたりをやってくれれば面白いのに。そういえば、今年の直虎だっけ?我慢して見続けたけど、もう無理。話の持って行き方がチャチすぎて、もう無理。

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大和神社 | トップ | 石上神宮 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
久しぶりの休みです (生きる屍H)
2017-03-11 11:26:42
仕事が急がしくて久しぶりに拝見させてもらってます。さてさて 私の歴史力ではたしか天智天皇って狩りに行ってそのまま居なくなったとか?すなわち暗殺ですね。首謀者はやっぱ天武天皇でしょうね。二人は兄弟という事らしいですが、年齢がかみ合わないとか。ようするに他人。歴史は勝ったものが創るという事でしょうね。
お久です (くろ)
2017-03-11 11:59:27
私も、この週末は、ずっと客向けの資料作りです。天智天皇と天武天皇は、むちゃくちゃ仲が悪かったみたいですね。僕のイメージだと、天智天皇が無能の暗殺者。業績云々では、天武天皇にカリスマを感じます。最近、このブログで触れている元伊勢の話。豊鍬入姫、倭姫が天照大神を御魂を抱いて、伊勢に落ち着くまで全国を転々とするのですが、天武天皇が壬申の乱で攻め入ってくる道順は、丁度、上記の真逆の道順なのですね。不思議で面白いです。元伊勢というのは、大和勢が、領地を広げていった道程という説もあります。伊勢でも古墳が見つかっており、当然、伊勢神宮が出来る前に、現地の大王なり集団なりが居たわけですし。書きだしたら、きりがないです。(笑)
暇でして2 (生きる屍H)
2017-03-11 20:58:00
持統天皇だったか忘れましたけど天武系男子が途切れ弓削と言う坊主に位を譲ると言い出した時 和気清麻呂を九州の宇佐八幡(だったと思う)にお告げを聞きにいかせましたけど本来それは伊勢神宮に行くべきでしょう。やっぱ天皇家の始まりは九州 卑弥呼の墓もそこにあると思うのですが いかに?

きたな麻呂事件 (くろ)
2017-03-12 07:23:14
称徳天皇の寵愛を受けた道鏡の話ですね。道鏡が、「適当なことを言いやがって!」って、清麻呂の名前を別部穢麻呂(わけべのきたなまろ)に改名させて島流しにした事件。道鏡失脚の後は、無事に戻れたわけですが。もともと、道鏡が”宇佐八幡で、自分を皇位に付けたら国家安泰というお告げを聞いた。”と言い出したところから話が始まるので、宇佐八幡へ聞きに行くので良いのでは?つうか、現在も神宮は別格の位置付けですが、八百万の神々はピラミッド構造ではありません。各地の神々が役割りに応じて、この国を守られているという感じなんで、神≠西洋のgodです。僕らは、戦後教育の影響で、何でも西洋型ピラミッド組織で見てしまう癖がついていて、駄目だな~って思います。

コメントを投稿

神社 古代」カテゴリの最新記事