HIRO伝説

乃木坂46&欅坂46のこれからを見届けます!

乃木坂46が迎えた飛躍の時 「AKB48の公式ライバル」はなぜ独自路線に成功したか?

2015年03月31日 21時16分47秒 | Weblog

 乃木坂46の11thシングル『命は美しい』が、発売初週で50万297枚を売り上げ、3月30日付オリコン週間シングルランキングで1位に初登場、これにより2ndシングル『おいでシャンプー』から10作連続通算10回目のシングル首位を記録した。同時にオリコンによれば、デビューから3年1ヶ月での10作目の首位獲得は、SKE48の4年8ヶ月、AKB48の5年9ヶ月を抜いて、女性グループ史上最速記録となった。



 もちろん、往々にしてこうした記録にはいくつかの留保がつく。「女性グループ」のあり方も時代によって一様ではないし、近年に限っても乃木坂46の順調なステップアップは大前提として、それに先立つAKB48のブレイクやセールス方法の確立を抜きにしては語れないだろう。とはいえ、乃木坂46というグループそのものが、ここにきて加速度的に勢いを増していることは間違いない。2014年にリリースした3枚のシングルもまた、いずれも50万枚を超えるセールスを記録しているが、今作の『命は美しい』はその50万枚突破を、これまでの最速となる発売初週で果たした。セールス的にも知名度的にも躍進の年になった昨年にもまして、2015年序盤の乃木坂46は好調さを保持している。

 乃木坂46のこのような記録が話題になる時、それはとりわけAKB48との対比で注目される。乃木坂46が「AKB48の公式ライバル」という肩書きを持っているためである。当初、AKB48のシャドーキャビネットとして構想され、2012年2月にシングル『ぐるぐるカーテン』でデビューした乃木坂46は、その活動において48グループとの関わりを制限し、一線を画すことでその独自性を保とうとしてきた。そうした独自路線は、AKB48の関連グループであることの優位点を発揮しにくくなることにもつながる。AKB48の各姉妹グループは、AKB48とのメンバーの往還をはじめとした関わりを強めることでその存在を周知し、それぞれのグループに全国区のメンバーを誕生させる施策をとってきた。しかし「公式ライバル」である乃木坂46はそうした流れとは一歩距離を置き、自身の色を模索することの方に重点を置いた。それは48系の姉妹グループに比べて内向きの組織になってしまうリスクがついて回ることでもあったし、結成からしばらくの間はそのウィークポイントも指摘されがちだった。

 しかし、数年間の独自路線が奏功し、目に見えてオリジナルのブランディングを築くようになったのがこの一年だったといえるだろう。ファンがMIXを打つことを前提としない曲作りは決して48グループとの足並みを揃えるものではなかったが、いつしか乃木坂46を代表するようになった鍵盤の旋律と四つ打ちを特徴としたミドルテンポの楽曲は、他の48グループの代表曲にも肩を並べ、あるいは凌駕する存在感を持つようになった。また、特に初期楽曲に関して「ダンスよりも舞踏」という言葉で表された特有の振付も認知度が高まり、そのパフォーマンスは48グループとは明確に異なる特徴を見せている。さらに、シングルリリースごとの個人PVなど映像作品やCDジャケット等のアートワークも次第に注目され、グラフィックデザインの専門誌「MdN」2015年4月号で一大特集が組まれたことも記憶に新しい。

 他方で、メンバーの個人活動の打ち出し方もまた、好循環に入っている。その代表的存在は白石麻衣だろう。雑誌「Ray」の専属モデルとしての顔も定着している白石だが、「Ray」専属となったのはおよそ2年前の2013年3月、またレギュラーでモデルに起用されている「LARME」に至ってはその初登場は創刊の2012年9月、乃木坂46としてはまだシングルを3枚リリースしたのみの時期である。グループの知名度がさほど先行していない段階から長期にわたってファッション誌モデルとしての地歩を着実に築いたことで、48系のアイドルファンの外にもリーチする人気を得る足がかりとなった。白石が先駆となって敷いた道に続くように、今年に入って齋藤飛鳥の「CUTiE」専属、橋本奈々未と松村沙友理の「CanCam」専属、そして西野七瀬の「non-no」専属が発表された。ここでも特に齋藤の起用にみられるように、選抜常連であるか等よりも雑誌との相性を重視した人選が垣間見え、乃木坂46とファッション誌との親和性をさらに高めるものになりそうだ。

 述べてきたような数年がかりの乃木坂46独自の模索ひとつひとつがここにきて大きな武器になり、いわば外向きのブランディングとして結実したことが、現在のセールス好調にもつながる飛躍の主要因といえるだろう。AKB48に寄り添って走るよりも、48グループとは独立した色合いを前面に出すことで、「公式ライバル」としてのオリジナリティを見つけつつあるということかもしれない。

さらに忘れてならないのは、既存のファンに向けての納得度、いわば内向けの環境もまた整ってきたのがこの一年だった。誰がセンターをとってもおかしくない選抜常連メンバーの充実度に加え、昨年の乃木坂46をパフォーマンス面で引っ張ったアンダーメンバーの活躍によって、選抜/アンダーは拮抗し、簡単に上下や優劣で語ることが難しいほどに競合する二者になった。乃木坂46を見続けてきたファンにとっても、グループ内のダイナミズムはかつてより緊張感のあるものになっているはずだ。外に向けてのブランディング確立と内側の充実、その両輪が結成以来もっともうまく噛み合っているのが、現在の乃木坂46である。

 かつてない勢いで飛躍している乃木坂46は今年、昨年にもまして次々とプロジェクトを打っていく。4月には昨年大好評だったアンダーライブの新シーズン、6月には先日オーディションでキャストが決定したばかりの舞台『じょしらく』上演、そして秋に恒例の「16人のプリンシパル」と続く。もちろん、今年も大会場でのライブ開催が予想されるし、2月のバースデーライブで発表された新プロジェクトの1期生募集も動き出す。セールスの飛躍的な上昇も追い風に、乃木坂46がさらに注目度を高める年になりそうだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

乃木坂46、メンバーのプライベートも明かす密着ドキュメンタリー映画5月公開!

2015年03月31日 21時14分21秒 | Weblog

AKB48の公式ライバルとして、2011年に誕生したアイドル・グループ乃木坂46。正統派グループゆえに、これまで舞台裏の映像が公開される機会はほかのアイドル・グループに比べても少なく、ヴェールに包まれた部分が多いグループという印象はぬぐえない。そんな彼女たちの舞台裏に初めてスポットが当てられた、待望のドキュメンタリー映画がついに誕生する。


2011年8月、港区赤坂の乃木坂駅近くで36名の少女たちがお披露目された。すでに飽和状態のアイドル戦国時代においてなお、これから光り輝くことが容易に想像できる美少女揃い。久々の正統派アイドルグループの誕生に沸く一方で、マスコミやアイドルファンらの関心をひく彼女たちに課せられた“宿命”があった。それは「AKB48の公式ライバル」であること――。以来、つねに国民的アイドルグループとの比較にさらされながらも、少女たちは夢のためひたむきに走り続けてきた。

ただ後を追ってきたわけではない。専用劇場を持たず、シングル選抜総選挙も行わない乃木坂46 だが、定期開催のオリジナル・ミュージカルの配役を、直前のファン投票によって日々決定するという過酷なシステムを開発。さらにシングル発売のたびに「次々に変わるセンター」など、AKB48 はもちろん、他のグループでもあまり見られない独自路線を次々と展開してきた。その特殊な環境の中でメンバーたちは切磋琢磨し、彼女たちだけのカラーを作り出すことに成功し、多くのファンを獲得。結成2年にして単独で日本武道館を満員にするなど急成長を遂げていく。

そして迎えた3年目の2014年、グループの顔・生駒里奈の突然のAKB48兼任とSKE48松井玲奈の兼任発表、さらにNHK紅白歌合戦の落選など、さらなる試練が少女たちに襲いかかる。ドキュメンタリー・カメラはその一部始終を焼きつけていく。

さらに、カメラはメンバーのプライベートにまで迫っていく。地元大阪で成人式に出席し、友人らと久しぶりに会った西野七瀬は、これまでテレビでは見せたことのない清々しい表情をみせる。橋本奈々未は生まれ育った北海道・旭川の大自然の中で、東京の生活に慣れず揺れ動いていた過去の自分を赤裸々に語り始める。一方、白石麻衣が東京・渋谷のメインストリートを颯爽と歩いていく。学生時代過ごした思い出の場所やお気に入りの洋服店を訪れ、表情豊かな姿を披露する。生駒里奈は秋田の実家に帰省して出身中学校や友人宅を訪れ、先生や後輩、親友と久しぶりの再会を果たした彼女は、いま乃木坂46が直面している問題やアイドルの道に進んだ本当の理由を告白する。

多くのメンバーが密着取材の中でみせる表情の数々―。それは、いまメディアで乃木坂46 を見ない日はない、といわれるまでに注目を集める彼女たちからは想像がつかない程の普通の少女像である。そんな、今をときめく少女たちが、同じ夢を持つ仲間たちと出会い、励まし合い、時に傷つけながらも、少しずつ成長していく姿に、我々は新たな乃木坂46 を発見をするだろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

HaKaTa百貨店3号館ANNEX #12『最終回 3号館を振り返ろう!』 150330!

2015年03月31日 21時11分52秒 | Weblog

こちらからどうぞ⇒ http://tvpot.daum.net/clip/ClipView.do?clipid=66927200&rtes=y

時間帯によっては、繋がりにくい場合があります。

出演:兒玉遥、宮脇咲良、田島芽瑠、朝長美桜、矢吹奈子、田中美久、多田愛佳、田中菜津美、松岡菜摘、村重杏奈、冨吉明日香、荒巻美咲

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

HaKaTa百貨店3号館 #12『最終回 ゲスト小林よしのり・岩尾望 HKT48学芸会!』 150330!

2015年03月31日 21時09分53秒 | Weblog

こちらからどうぞ⇒ http://tvpot.daum.net/clip/ClipView.do?clipid=66927181&rtes=y

時間帯によっては、繋がりにくい場合があります。

出演:指原莉乃、小林よしのり、岩尾望、兒玉遥、宮脇咲良、矢吹奈子、田中美久、田島芽瑠、朝長美桜、多田愛佳、田中菜津美、松岡菜摘、村重杏奈、冨吉明日香、荒巻美咲

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

有吉AKB共和国 『SKEvsNMBラジオ局②』 150330!

2015年03月31日 08時35分58秒 | Weblog

こちらからどうぞ⇒ http://hkt48douga.blog.fc2.com/blog-entry-3354.html

時間帯によっては、繋がりにくい場合があります。

出演:有吉弘行、小嶋陽菜、須田亜香里、柴田阿弥、江籠裕奈、谷真理佳、山本彩、山田菜々、白間美瑠、矢倉楓子、峯岸みなみ、中西智代梨、小笠原茉由

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

AKB48ネ申テレビ18 シーズン #5『副キャプテンだヨ!全員集合 後編』 150329!

2015年03月30日 17時57分47秒 | Weblog



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

AKB48ネ申テレビ シーズン18 #4『副キャプテンだヨ! 全員集合 前編』 150322!

2015年03月30日 17時50分59秒 | Weblog

<!-- AKB48ネ申テレビ シーズン18 #04 2015 03 22  -->

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

乃木坂46、舞台版『じょしらく』で落語に挑戦!

2015年03月30日 17時44分50秒 | Weblog

 アイドルグループ・乃木坂46のメンバー26人が29日、都内で行われた舞台『じょしらく』(6月18~28日、東京・渋谷AiiA 2.5 Theater Tokyo)の公開オーディションに参加し、松村沙友理、高山一実ら15人が合格した。


 原作は、『別冊少年マガジン』で2009年から4年間連載された人気漫画。5人の女性落語家の物語で、今回初の舞台化となる。

 オーディションはメンバー26人が3チームに分かれ、それぞれ好きな役を選んでセリフ読み、2人1組での演技、質疑応答などが行われた。250人の一般審査員を含めた審査員によって、女性落語家5人を演じる15人(トリプルキャスト)が選ばれた。

 主役の防波亭手寅(ぼうはてい・てとら)役を演じることになった高山は「演技への苦手意識を本番までにはなくして頑張ります。主役をやらせてもらえること、本当に信じられないです。この15人で楽しい舞台にしたいです」と意気込みを語った。

 合格者および配役は以下のとおり。なお、生田絵梨花、生駒里奈、白石麻衣、西野七瀬らフロントメンバーは別プロジェクト参加のため、オーディションには参加しなかった。

▽防波亭 手寅(ぼうはてい・てとら)
 伊藤万理華/高山一実/中元日芽香

▽蕪羅亭 魔梨威(ぶらてい・まりい)
 衛藤美彩/斉藤優里/松村沙友理

▽波浪浮亭 木胡桃(はろうきてい・きぐるみ)
 井上小百合/北野日奈子/星野みなみ

▽空琉美遊亭 丸京(くうるびゆうてい・がんきょう)
 佐々木琴子/能條愛未/堀未央奈

▽暗落亭 苦来(あんらくてい・くくる)
 齋藤飛鳥/中田花奈/山崎怜奈

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

入山杏奈、川栄李奈の卒業知っていた「わたしも辞めるなんてことはないです」!

2015年03月30日 17時39分53秒 | Weblog

AKB48・入山杏奈が3月26日に自身のTwitterで、同日に卒業発表をしたAKB48・川栄李奈本人から、卒業についてあらかじめ知らされていたことを告白。川栄の卒業を受けて自身も卒業を決めることはないとファンに説明した。

サムネイル


川栄は、3月26日に埼玉・スーパーアリーナで行われたAKB48の単独コンサート「AKB48春の単独コンサート~ジキソー未だ修行中!~」で、グループ卒業を発表。昨年5月の握手会襲撃事件での被害がもとで、握手会に参加できなくなってしまったことへの悩みを話し、今後は芝居の勉強をしていきたいと語った。なお、具体的な卒業時期については未定。

入山も川栄と同じく握手会襲撃事件で被害にあい、右手小指の骨折と裂傷、さらには頭部の裂傷を負った。今年2月にAKB48劇場で行われた公演では、ケガが完治しておらず、今もリハビリが続いていることを明かした。

川栄は自身のTwitterで「りっちゃん(川栄)の卒業のことは本人から聞いて知ってたし、よく2人でも話してるので、今日のりっちゃんの話を聞いてそれを理由にわたしも辞めるなんてことはないです」と卒業を事前に知らされていたことを告白。川栄に続いて自身が卒業する考えはないことを明かす。

入山は、「いつか卒業したとしても、それは自分で考えた上でのことです」「卒業しませんってことじゃなくて、卒業するとしても今日のりっちゃんの発表を受けて、、、とかじゃないよ」と心配するファンに呼びかけた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

AKB48入山杏奈、総選挙は出馬せず「前からずっと決めていた」!

2015年03月30日 17時37分21秒 | Weblog

 AKB48・入山杏奈が3月30日に自身のTwitterで、6月6日に福岡 ヤフオク!ドームで開催される「第7回AKB48選抜総選挙」に立候補しなかったことを明かした。


入山は「何ヶ月も前からずっと決めていたことです。もちろんたくさん考えて悩みました」と総選挙不出馬を発表。
また、入山は3月26日には、5月20日に発売するAKB48の40枚目のシングル「僕たちは戦わない」の選抜メンバーを辞退したことを明かしている。「40thシングル選抜辞退の報告と時期が近くて、なんだかプラスでないニュースばかりでごめんなさい」とファンに詫(わ)び、「それでも応援してくださいなんてもう簡単には言えないけど、いつもありがとう」と感謝を述べた。

昨年5月の握手会襲撃事件で同じく被害にあったAKB48・川栄李奈が3月26日にグループ卒業を表明したこともあって、入山の今後の動向には世間の注目が集まっている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加