HIRO伝説

乃木坂46&欅坂46のこれからを見届けます!

SKE48、新番組「エビフライデーナイト」で“大久保選抜”!

2013年09月30日 05時51分06秒 | Weblog

SKE48の新番組「SKE48のエビフライデーナイト」が10月4日より日本テレビ(関東ローカル)にてスタートする。



この番組は愛知県を拠点に活動するSKE48を生まれ変わらせるべく、同郷のお笑い芸人である大久保佳代子が彼女たちを全面プロデュース。SKE48メンバーは毎回与えられるさまざまなミッションに挑戦し、最終的に大久保お気に入りのメンバーで構成された「SKE48 大久保選抜」を目指していく。

大久保は若い女と媚びるアイドルが大嫌いということで、メンバーのこれまでの実績や人気は一切関係なしというところから番組はスタート。絶対的な基準は「大久保が気に入るかどうか」という1点のみなので、各メンバーがどのように大久保にアピールしていくかに注目が集まる。



放送に先立って行われた記者会見でどのようにSKE48をプロデュースしていくかと尋ねられると、大久保は「収録してみたら意外と本心はこう思っているんだっていう力強いものを各々に感じたので、今のアイドルがやらないようなことを見せていきたいです。アイドルとしての型を取っ払ったっていいんですよ。ヨゴレになってもね」とコメント。また番組への意気込みについて松井珠理奈は「SKE48のメンバーってなんでも一生懸命こなせるんですけど、今までその個性を見せる場所があまりなかった。だからこの番組ではメンバーの名前を知ってもらえるようにアピールしていきます」と語った。

また大久保の印象を聞かれると高柳明音は「実は私、最初に大久保さんに嫌われてしまって。だから今日の収録の面接で挽回しようと意気込んだんですけど、号泣することになりました(笑)。その辺は放送を見ていただければと思います」と大久保とのエピソードを語ると、この発言に対して大久保は「私がいじめたみたいに聞こえますけど勝手に泣いたんですよ?」と弁解し記者陣から笑いを誘った。

さらに「SKE48 大久保選抜」にはどのようなメンバーが欲しいかという質問に対して大久保は「ヨゴレ役は欲しい。あと“若干ブス”みたいなメンバーも首根っこ捕まえて出したいですね。“根性ブス”も見つけたい」とアイドルとしては多少厳しめの求めるメンバーの条件を語った。


最後にSKE48メンバーに対して大久保からどんなことを学びたいかという質問が投げかけられると、古川愛李から「私、顔はセクシーだって言われるんですけど体自体はそんなにセクシーじゃないんですよ。どうしたらいいですか?」という悩み相談がなぜか行われる。これに対して大久保は「太もものムチムチ感はいやらしいからそこはアピールしたほうがいいんじゃないかしら」と真面目なアドバイスで切り替えし、早くもSKE48との仲の良さをアピールした。

日本テレビ「SKE48のエビフライデーナイト」

2013年10月4日(金)25:58~26:28
※関東ローカル

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

AKB48ドラフト候補生が悔し涙 初レッスンでプロの洗礼!

2013年09月30日 04時35分39秒 | Weblog

11月10日に初開催される『AKB48グループ ドラフト会議』の候補生29人が29日、都内スタジオで初レッスンに臨み、プロの洗礼を受けた。AKB48のメンバーとして活躍する上で、講師陣から意識の低さを指摘された候補生たちは悔し涙を流すなど、会場は重い雰囲気に包まれた。



 ドラフト交渉が成立した候補生は、「ドラフトメンバー」としてチームに加入することが決まっており、“即戦力”として期待が集まる。それ故に初レッスンながらも厳しい言葉が飛び交った。



 ボイスレッスンで候補生たちは、AKB48のメジャーデビュー曲「会いたかった」を一人ひとり歌唱。緊張で顔がこわばったり、うまく声が出せないなど、自己表現に苦戦する候補生が目立ち、「いつも本番と思ってやらないと、本番で力を発揮することは絶対に無理」「自分がステージに立った時、どういうパフォーマンスをするのか考えて!」とゲキが飛んだ。



 レッスン開始前は談笑する余裕もあったが、次第に笑顔は消え、焦りや危機感をあらわにしていった候補生たち。ダンスレッスン時は、うまくパフォーマンスができず、個性が出せなかったことを反省し、涙を浮かべる候補生も見られた。



 渡辺麻友、柏木由紀らが合格した2006年12月の第3期オーディション最終選考で落選し、今回最年長での参加となった惣田紗莉渚(大2・20)は「7年前に落ちてから、つらくてAKB48が見られない時期もありました。けれど、AKB48に入りたい気持ちは変わってない。ハタチなので、今回がラストチャンスだと思っています」と秘める思いを告白。初レッスンを経験し「意識を変えないと、という覚悟ができました」と気を引き締めた。

 

 一方、最年少組となる下口ひなな(小6・12)と後藤萌咲(小6・12)は「ダメ出しされないように直して、完璧に仕上げたい」とガッツポーズ。同い年とあってすっかり打ち解けた様子の二人は「もし、同じチームに入れたら、コンビ・ナマイキッズを結成したい」と無邪気に語り、“ナマイキッズ”の決めポーズまで考えて、披露していた。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

AKB島崎遥香、元メンバー光宗薫との再共演を語る!

2013年09月29日 05時07分24秒 | Weblog

[シネマトゥデイ映画ニュース] 今年1月放送のスペシャルドラマに続き、『劇場版 ATARU‐THE FIRST LOVE & THE LAST KILL‐』で36歳の子持ち美魔女鑑識官・水野流美を演じたAKB48の“ぱるる”こと島崎遥香が、劇中に登場するAKB48にまつわる小ネタや、久しぶりに共演した同グループの元メンバー・光宗薫について語った。

 現在19歳の彼女がこの役を演じることに抵抗はなかったのかという問いに、島崎は「キャラがあまりに濃くて驚きましたけど、演じたくてもなかなか演じられない面白い役。だから、映画版も楽しんで演じようと思いました」と笑顔で語る。

 濃いといえば、流美の美魔女メイク。フジテレビの番組「AKB映像センター」で披露するアニメ風メイク“アニメイク”も話題の島崎だが、流美に関しては「メイクさんにおまかせで、全部厚塗り。ファンデーションから層を作る感じで、赤のリップもベッタリ塗るし、つけまつげも大量。AKB48でも私生活でもメイクは薄めなので、ガッツリ化粧している感じです(笑)」と別人になることを心から楽しんでいるよう。

 ドラマ「私立バカレア高校」などAKB48メンバーとの演技経験はあるが、プロの俳優に囲まれての演技は、1月のスペシャルドラマが初。「最年少ですから、どこか孤独でした」と語る彼女だが、今回は昨年10月に脱退した光宗薫との再共演も。「久しぶりに会えてうれしかったし、休憩中は『最近何しているの?』とか、いろいろおしゃべりしました。特に意識はしなかったし、二人の絡みのシーンはコミカルなので、お客さんに楽しんでもらうことだけを考えました」と真っすぐな目線で語る姿は彼女らしい。

 マイペースすぎる性格ゆえ、ファンから「塩対応」ともいわれる島崎だが、完成した作品については「ドキドキしたり、悲しくなったりしましたが、AKB48にまつわる小ネタが入っているんですよ! 事故現場に置かれた番号札や、飾られたステージ衣装。あと、わたしのセリフの後に北村(一輝)さんが『しょっぱ!』ってアドリブを入れてくださったシーンには笑っちゃいました」とかなり満足の様子。そんなスタッフ・キャストのAKB48愛にもあふれた本作は、ドラマファンならずとも見逃せない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「NMB48学園」リニューアル、さや姉卒業へ!

2013年09月29日 04時23分08秒 | Weblog

ABC(朝日放送)ラジオの人気番組「NMB48学園~こちらモンスターエンジン組~」がリニューアルすることになった。番組開始以来、2年半にわたってメーンパーソナリティーを務めてきたNMB48の山本彩さん(20)が28日放送回で番組を卒業し、後任のメンバーにバトンタッチすることになった。25日に行われた収録の現場にお邪魔し、リニューアルにあたってのそれぞれのメンバーの思いを聞いた。

 「NMB48学園」は、NMB48が劇場デビューを果たした3カ月後の2011年4月にスタート。NMB48の山本さんと山田菜々さん(21)の2人がお笑いコンビ「千鳥」(昨年4月からは「モンスターエンジン」)とともにパーソナリティーを務めた。学校の授業形式で、NMB48の2人が暮らしの中の身近な疑問を解決したり、抜き打ち課題をこなしたりするスタイルでリスナーの人気を博している。

 

 山本さんの「卒業スペシャル」と銘打たれた28日放送回の収録では、ファンに根強い支持のある「討論コーナー」が3カ月ぶりに復活。さらに、司法試験に落ちて落胆しているリスナーや、失恋して傷心中のリスナーたちから寄せられたお悩みメールに対し、山本さんが一言アドバイスとともに激しく「活」を入れるという今回限りの特設企画も盛り込まれた。

 

 そして収録の最後に山本さんの卒業式があり、出演者が一言ずつ区切られた送辞を読み上げ、2年半の奮闘への感謝を寄せた。山本さんは答辞で、パーソナリティーとして学んだもの、印象深い思い出などを語り、「(卒業は)すごく寂しいけど、ラジオで学んだこと、感じたことをこれからの活動や人生に生かしていきたいです」と述べた。山本さんの後任メンバーは10月5日放送回で明らかにされる。

 

 「NMB48学園」の江渕潤一ディレクター(32)は、「山本さんは、一言一言が持つパワーや破壊力がものすごく、さらにラジオを愛してもくれていた。とても尊敬できる出演者で、今はただ『ありがとうございました』と申し上げたい」と述べ、リニューアル後の番組については「山田さんと新しいメンバーとのコンビでまた新しい魅力を作り出していきたい。山本さんをゲストに迎えることもあるかもしれない」と話した。

     ◇

■山本彩さん「充実感でいっぱい」

 収録を終えての思いを山本さんにインタビューした。

――最後の収録を終えた感想は?

 最後まであまり実感がわかなかったです。ファンの方にも言われたのですが、寂しい感じにならなかったらいいなと思って。今までと変わらずに最後までできたらいいなと思っていたので、充実感でいっぱいです。

――2年半にわたってパーソナリティーを務めましたね

 NMB48に入ってから一番長く続けている仕事です。出演者のみなさんと肩ひじの張らない話をして、1日を楽しく終わることができた。お互いのことをよくわかっている山田(菜々さん)とコンビを組めてリラックスできたところもあるし、抜き打ち課題も奇想天外なものが多く、ワクワクが尽きませんでした。特に、その時々旬なネタを採り入れてくれたり、私たちのキャラが生きるような課題を出したりしてくれていたので、私たちも伸び伸び楽しくできました。

――特にラジオは、アドリブで話さないといけない部分が大きいですね

 そうですね。どんな「振り」があるのかわからないので、反射神経が鍛えられ、臨機応変に動けるようにはなりました。特に、メンバー同士で完結するのではなく、場数を踏んだ芸人さんたちと一緒に仕事させていただくことで世界も広がり、刺激も受けました。でも、芸人さんたちからは、私たちがとても打ち返せないような難しいボールは飛んでこなくて、どこかで安心できている部分はありました。この点、メンバー同士の会話では「どうしたらええねん」というようなボールもどんどん飛んでくるので(笑)。

――リスナーからのおたよりは東日本からも多く寄せられています

 不思議ですね。関西エリア限定の放送なので……。でもなんとかして聴こうという気持ちで放送を聴いてくださっている方が多いことがうれしい。全国のファンのみなさんに聞いて頂いていると実感し始めたことで、今までとは違う感じというか、より多くの方に声を届けているという自覚を持たなくてはいけないなと気持ちが強くなりました。

――ラジオの経験が、アイドルとしての自分に役立った部分は?

 私たちNMB48は必ずしも「アイドルアイドル」していないですよね。AKB48さんやSKE48さんとも少し違ったカラーがある。話の面白さとか、切り返しのうまさなどをファンの方からも期待されている部分がある。そうした点ではかなり鍛えられましたね。

――リスナーのメールを読むと、番組の熱心なファンも多いですね

 メールやおたよりを読んでいると、番組を愛してくれている人が多いなと思います。とにかく細かいところを聴いてくれている人が多い。ジングルの後の「そうです、ラジコです」という私のフレーズが好きだといってくれるファンの方もいました。言われないと気づかなかったようなポイントを見つけてくれるというか、ラジオでのやりとりをくまなく聞いてくれているというか。ありがたいことです。

――この2年半でもっとも印象深かった出来事は?

 当初、一緒に番組をやらせていただいていた千鳥さん(の2人)が番組を卒業することを収録中に知らされたときですね。自分でもびっくりするくらい泣いてしまいました。私は、メンバー卒業の時もあまり泣かないようにしているんです。最後は笑顔で送り出してあげたい気持ちもあるし、「主役は卒業するメンバーであって、私が泣くタイミングじゃない」という思いもあるので。でも、そのときは急に(千鳥さんの卒業が)発表されたので、こらえきれないものがありましたね。そのときに、私はこのラジオが本当に好きなんだなと思いました。

――山田菜々さんとのコンビはどうでした?

 私は山田とキャラが正反対なので、逆にやりやすかったです。それぞれの役割分担があるというか。私がやるべきことの道筋が見えやすかった。

――ラジオというメディアならではの良さは?

 声だけで伝えるというメディアの特性だと思いますが、声の調子やトーンで、そのときの感情や思いがより直接的に伝わると感じます。それに、私たちのファンの方だけではなく、本当にいろんな世代、職業の方々が聴いてくれている。番組に届いたお便りの中には、ラジオで私たちを知って興味を持ってくださり、(NMB48の)サイトを見て初めて私たちの顔を知ったというものもありました。何かを伝えるときには、もちろん表情も大事なのですが、話し方なども人をひきつけるには大事な要素なんだなと実感しました。それに、番組の中でちょっとした劇や小芝居などもあり、勉強になる部分が大きかったです。

 スケジュールが大変な日もありましたが、何よりも楽しかった。そして、番組の感想をお便りにしてくれたり、握手会などで話題にしてくださる方が多かったです。

――引き続き番組に残る山田菜々さんへの一言を

 山田にはちょっと心配なところもあります(笑)。公私ともに絆が深く、私と山田のコンビだからこそ、お互いすごくリラックスして番組をすることができた面があるし、山田の「良さ」を存分に引き出せたところもある。環境が変わっても、引き続き山田の魅力がうまく前に出たらいいなと思います。

――リスナーへのメッセージを

 自分たちが想像するより、はるかに多くの方が聴いてくれている番組。それを実感する機会が数多くありました。卒業は寂しいですが、このラジオで私たちNMB48の新しい一面を知ったり、いっそう好きになってもらえたりするところがあると思うので、ぜひこれからも聴き続けてほしいですね。

     ◇

■山田菜々さん「一層頑張る」

 また、引き続き番組を担う山田菜々さんにも、番組リニューアルに際しての思いを聞いた。

――番組リニューアルに際して

 ずっとさや姉(山本さん)と二人三脚でやってきたので、ちょっと寂しさもあります。

何を言っても、ピントのずれた答えをしてもしっかりカバーしてくれて、しくじったときもすぐフォローしてくれて。すごく安心できて、素でしゃべり続けることができたのはさや姉のおかげです。新メンバーを迎え、自分としてもさらなる成長の機会を与えてもらったなと思います。いっそう頑張りたいです。

――山本さんとの思い出は

 もともと同じ1期生どうしで、同じチーム(NMB48のチームN)に所属していたのですが、本当に親しくなったのはラジオを始めてからです。コンビを組んでのレギュラー仕事を頂いたおかげで、何でも自然に話せる間柄になったと思います。さや姉は一般にクールなイメージを持たれていると思いますが、ラジオでのさや姉は実に感情豊かで、時にムキになって反論することもあれば、とても乙女な一面を見せてくれたりすることもあります。そういう意味では私たちの「普通の女の子」の面が出ている番組だなあと思います。

 お互い20歳になったので、ラジオを離れてもこれからはお酒を一緒に飲んだりしながらさらに絆を深めたいなあと思います(笑)。

――ラジオの良さは

 開放感をもって仕事できるところですね。とても楽しいです。それにスタッフさんも、とても温かい雰囲気をつくってくれるので、素の自分でいられる。これからも頑張って続けていきたいです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

HKT指原「プロデューサー昇格」の仰天情報!

2013年09月29日 04時11分50秒 | Weblog

HKT48指原莉乃(20)が24日、ニッポン放送で行われた新番組「SKE48&HKT48のアイアイトーク」の記者発表に登場。11月10日のAKB48グループドラフト会議について、「1人決めています」と早くも“1位指名”を明かした。そんな指原にはドラフト後、AKB48グループプロデューサー(仮)に昇格するという仰天情報がささやかれている。



“AKBドラフト”は東京・グランドプリンスホテル新高輪で開催。AKB48、SKE48、NMB48、HKT48のチームキャプテン(SKEはリーダー)が各劇場支配人と協議の上、候補者の中から必要な人材を指名する。プロ野球さながらの熱い指名合戦が予想される。

 指原はこの日、HKT「チームH」キャプテン穴井千尋(17)やHKT48劇場支配人・尾崎充氏とスカウト会議を行ったと告白。さる22日にドラフト候補者30人が決定したが、指原は「もう1人決めてます。すげ~カワイイよ!」と名前こそ明かさなかったがゾッコンの様子だ。

 ドラフト後に指原が、「AKB48“グループプロデューサー”に昇格するらしい」との仰天情報をキャッチした。

「指原はHKT48劇場支配人を兼任しているが、秋元康総合プロデューサーはそれ以上のポストに就かせるつもりだ。以前から秋元さんは『指原はプロデュース力がある』『何年か後には裏方の仕事をしている』と話している。具体的にいえば、ドラフト後プロデューサーに昇格させようという動きがあるようだ」(出版関係者)

 劇場支配人兼務の指原は、今やステージ上の演出についてもアイデアを出している。

 HKT各メンバーの個性を把握し、売り出し方まで意見を述べているという。尾崎支配人も「プロデューサー的な能力に驚いている」と舌を巻くほど。

「幼いころからアイドルオタクで知識もハンパない。無名に近く、辞めようとしていたぱるる(島崎遥香)を『絶対に人気が出る!』と説得し、その通りになったのは有名な話。今でもAKBグループはもちろん、他のアイドルグループにもやたら詳しく『これからこの子は絶対伸びる』とよく話している」と同関係者。

 実際、指原は秋元氏の指令で、SKE48終身名誉研究生・松村香織(23)のソロデビュー曲の全面プロデュースを担当。秋元氏と連絡を取り“帝王学”を学んでいる。

 当の本人は既に、アイドルとしての「さしこ」に可能性を感じていないとも。

「6月の選抜総選挙で1位を取り、センターとして頂点を経験したが『やっぱり私はアイドルに向いてない。見てる方がいい』と痛感していた。自身の活動に未練のない指原が、裏方に回るのは既定路線。ただ、まだ20歳だし、プロデュースの勉強もこれから。肩書に“仮”が付いたのは指原らしく、アイドルも続けることにはなるだろう」(前同)

 指原がメンバーで真っ先に1位指名候補を明かしたのも、ドラフトを盛り上げるため仕掛け役を「やります!」と買って出たからだという。

 ドラフトを大成功させたら、さしこはアイドルよりもプロデューサー業に本腰を入れる!?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『情熱大陸』生放送&アプリで実験 “一番観られている”AKB48は誰?

2013年09月28日 22時13分52秒 | Weblog

あす29日放送のMBS・TBS系ドキュメンタリー番組『情熱大陸』(毎週日曜 後11:15)で、「未来のテレビ」を体感する“実験”が行われる。番組史上初の専用スマートフォンアプリを開発し、テレビの生放送と連動させる試み。人気アイドルグループ・AKB48が協力し、「恋するフォーチュンクッキー」の選抜メンバー16人によるちょっとした“総選挙”が楽しめる。

 専用アプリと連動させる「多視点放送」のイメージ=9月29日放送の『情熱大陸』で実験



 番組では事前に、AKB48のライブ(8月22日、東京ドーム)でメンバー一人ひとりを専用カメラ16台で撮影。番組後半の生放送部分でテレビ画面を16等分し、各カメラの映像を流す。この時、同アプリをダウンロードしたスマホ上では、視聴者が観たいメンバーの映像を選んで観ることができる。さらにタップされたデータをもとに、スマホで一番観られているメンバーは誰なのか、総数や上昇率などを計測し、テレビ側にリアルタイム反映させ、最も観られているメンバーを最も大きい画面にするなどの企画を予定している。

 この番組専用アプリを開発したのが、「AR(エーアール)」の分野で最先端を走る川田十夢氏。「AR」とは、ヴァーチャルと現実とを融合させる最先端技術「Augmented Reality」のことで、日本語では「拡張現実」と呼ばれる次世代テクノロジー。今、その可能性に大きな注目が集まり、多くの企業、メディア、アーティストなどがさまざまな取り組みを行っている。

 川田氏は1976年、熊本県生まれ。2001年に大手ミシンメーカー系列会社に入社。全世界で機能する部品発注システムを開発し、ミシンとネットをつなぐ特許を発案した。2010年に独立し、現在は開発ユニット「AR三兄弟」の「長男」としてさまざまな分野で最先端プロジェクトを開発・指揮。これまで見たことも聞いたこともない斬新な体験生み出してきた川田氏の最近の活動に密着し、今回の“実験”に挑む開発者の姿に迫る。

 あすの放送前までに『情熱大陸アプリ』をダウンロードしておけば、テレビと連動したさまざまなサービスを楽しむことができる。放送開始5分前(後11:10)になると、スマホの画面に自動的に「番組予告を視聴しますか?」というメッセージが表示されたり、テレビ放送がはじまると、ハイパーリンク文字放送機能(テレビに映っている情報が時系列で表示され、関連する情報にすぐにアクセスできるシステム)が自動的に起動したりと、「未来のテレビ」を体感できる。

■『情熱大陸アプリ』(無料)
http://www.mbs.jp/jounetsu/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MJ Notyet『ヒリヒリの花』(動画)!

2013年09月28日 22時04分21秒 | Weblog

見逃した方は、こちらから⇒http://v.yinyuetai.com/video/774013

 

消されていたら、こちらから⇒ http://www.dailymotion.com/video/x157dgr_130926-mj-not-yet-%E3%83%92%E3%83%AA%E3%83%92%E3%83%AA%E3%81%AE%E8%8A%B1_shortfilms

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MUSIC STATION 、AKB48 恋するフォーチュンクッキー ~ ハート・エレキ -(動画)!

2013年09月27日 23時59分18秒 | Weblog


 

消されちゃってたらこちらから⇒ http://v.yinyuetai.com/video/774691

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

AKB48メンバーによる『HA!』 動画!

2013年09月26日 21時25分06秒 | Weblog

こちらからどうぞ⇒ http://v.youku.com/v_show/id_XNjEzMjI1MDg4.html

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

AKB48 大島優子241日ぶりGoogle+更新!

2013年09月26日 21時21分04秒 | Weblog

大島優子
一般公開で共有しました - 15:37
#高橋みなみ


高橋みなみもGoogle+更新しろ
1_1

コメント
この記事をはてなブックマークに追加