HIRO伝説

乃木坂46&欅坂46のこれからを見届けます!

(乃木坂46日々是勉強)高山一実 格好よくクイズに答えたい!

2015年01月31日 06時31分05秒 | Weblog

小学1年生で剣道を始めました。勧めたのは母。地元の剣道サークルでしたが、少子化の影響で、入ったときは子供は私1人。一つ上が高校生で、ほとんどが大人でした。同級生がいなくて寂しいし、練習の相手はいつも先生。トレーニングはもちろん、言葉づかいや上下関係も厳しかったです。そのうち後輩が入ってきましたが、1分以内に面をつけられない部員が一人でもいると、全員が外のグラウンドを裸足で走らされました。つらかったです。

 クリスマスは毎年、地域の剣道合宿があって、楽しい思い出が残っていません。それでも続けられたのは、試合に勝つとうれしいし、負けると悔しい思いがあったからだと思います。

 中学に入ると部活で剣道部に入部しましたが、女子は2人。人数が少ないので、練習も試合も思うようにできず、力を発揮できないまま卒業を迎えました。剣道は中学でやめる決意をしましたが、剣道に打ち込んだ9年間で精神力は鍛えられました。

 高校生になると、剣道一筋だった反動が起きました。それまではショートカットでしたが、髪を伸ばしました。そして夢中になったのがアイドルです。モーニング娘。の道重さゆみさんが好きでしたが、昭和時代のアイドルにも夢中になりました。その一人が山口百恵ちゃん。アニメの「ちびまる子ちゃん」で、まる子ちゃんが憧れの百恵ちゃんについて話す姿を見て、名前を覚えました。テレビ番組で、たまたま百恵ちゃんの現役時代の映像を見て、一目ぼれしました。歌っている姿がすごく格好いい。16歳の誕生日プレゼントは「百恵ちゃんのCDがいい」と両親にお願いして買ってもらいました。

 DVDを見ながら、まる子ちゃんがうらやましいと思いました。リアルな百恵ちゃんを見られたのだから。私がライブで生の百恵ちゃんを見られたら、どんな幸せだったことか。「横須賀ストーリー」「ロックンロール・ウィドウ」「イミテイション・ゴールド」。歌はもちろんですが、百恵ちゃんのすべてが好きです。

 百恵ちゃんがきっかけで、昭和のアイドルに興味が生まれて、中森明菜ちゃんの存在も知りました。人形さんのようなルックスなのにクールな歌声が格好いい。松田聖子ちゃんは昔の映像を見ると、かわいくて、歌が上手で衣装がお姫様みたい。学校の授業で好きな歌を選んでいいときは「SWEET MEMORIES」を歌ったことを覚えています。

 カラオケに行くと、友達がいるときは、場の空気を読んでから昭和の歌を選ぶかどうか決めますが、一人カラオケの時は、百恵ちゃん、明菜ちゃん、百恵ちゃん、明菜ちゃん、聖子ちゃんを繰り返し歌っていました。

 昭和時代のアイドルは、ソロで崇拝する対象だったように思いますが、現在はグループアイドルが一般的で、身近で親しみのあるイメージがあります。

 今は私自身がアイドル。ファンの方から「かずみんのすることは何でも応援するよ。何でも自由に好きなことをやってね」と優しい言葉をいただくと、お返しに元気を届けたいとがんばる気力がわきます。だから私も好きなアイドルに対しては、どんな時も応援したいと思っています。

 もうひとつ私が大好きなのがクイズ番組です。高校生の頃は全国の高校生が競う「高校生クイズ」に夢中で、録画して最低でも5回は見ていました。当時は「知力の甲子園」と呼ばれていました。難解な問題を解く姿を見ると、同じ高校生としても誇らしい気持ちになり、勇気をもらいました。優勝候補の学校の男子生徒らは、私にとっては仮面ライダーと同じようなヒーロー。今でも何人かの名前を覚えています。同世代の女子高生が出場していると、すごく応援しました。

 乃木坂46に入って以来、クイズ番組「ミラクルナイン」に何度か出場させていただいています。チーム対抗の団体戦で、正解できないと責任を感じます。学校で習ったことを解けないとすごく悔しいですが、正解するとすごくうれしい。一度、全問正解したことがあり、司会の有田哲平さんから「今日はすごい答えてるね~」、上田晋也さんからも「地味に答えてるね」と言われてうれしかったです。

 共演者の方に学ぶことも。具志堅用高さんは珍回答が多くて間違っても、向上心は忘れません。「次は答えるから」と言うと、有田さんが「もういいです」。掛け合いがおもしろい。尊敬しています。

 宮崎美子さんはテレビで見る通りの優しい方です。「今日もお願いします」とあいさつすると、「がんばろうね。間違えても大丈夫だよ」と励まして下さいます。

 ニュースはインターネットで芸能から政治経済まで、毎日、目を通し、いつか学んだ問題が出ないかなと思っています。高校生クイズで見た同世代の域には現世では達せられそうにないけど、クイズ番組で格好いい姿を見せたい。知識をつけると、将来、母親になったとき子供にも教えられるので、役に立つはずです。

 アイドルでパフォーマンスを鍛えることも、クイズのための知識を身につけることにも、ゴールはありません。だから、これからも日々勉強していきます。

     ◇

次回はAKB48の北原里英(りえ)さんです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 指原莉乃、握手拒否したファ... | トップ | NMB48 山本彩の、レギュラー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL