HIRO伝説

乃木坂46&欅坂46のこれからを見届けます!

乃木坂46、最少12人アンダーメンバーで“全曲全霊”の熱演!

2017年04月23日 18時54分16秒 | 乃木坂46

 

乃木坂46のアンダーメンバーによるライブ「乃木坂46 アンダーライブ全国ツアー2017 ~関東シリーズ 東京公演~」が4月20日から本日22日の3日間行われた。ここでは昨日の昼公演の模様をレポートする。

今回のアンダーライブには伊藤かりん、伊藤純奈、川後陽菜、川村真洋、斎藤ちはる、相楽伊織、佐々木琴子、鈴木絢音、能條愛未、山崎怜奈、渡辺みり愛、和田まあやの12人が参加。彼女たちは3日間で計4公演を実施し、述べ3万2000人のファンを熱狂させた。

 

「乃木坂46 アンダーライブ全国ツアー2017 ~関東シリーズ 東京公演~」の様子。(写真提供:ソニー・ミュージックレコーズ)

オープニングのVTRでは、今回のライブでセンターポジションを務める渡辺が書道をする様子が映し出される。最後に、書き上げた「全曲全霊」という文字を見せたところでVTRは終了。ステージにメンバーが登場し、彼女たちは乃木坂46最新シングル「インフルエンサー」に収録されているアンダーメンバーの楽曲「風船は生きている」でライブをスタートさせた。その後も「春のメロディー」ではサブステージでキュートにパフォーマンスし、「ブランコ」ではオレンジ色に染められたステージでクールに歌い上げるなど、さまざまな表情を見せていった。

 

「乃木坂46 アンダーライブ全国ツアー2017 ~関東シリーズ 東京公演~」の様子。(写真提供:ソニー・ミュージックレコーズ)

最初のMCで伊藤かりんは「あっという間に最終日。寂しいですけど、全力で楽しみます」と意気込む。斎藤も「(今のアンダーメンバーが)“最少で最弱”と言われてるのが悔しい。“最高で最強”のアンダーメンバーって言われるようにがんばりたい」と闘志を燃やしていた。

 

「乃木坂46 アンダーライブ全国ツアー2017 ~関東シリーズ 東京公演~」の様子。(写真提供:ソニー・ミュージックレコーズ)

今回のライブでは公演ごとに異なる3名がセンターを担当する「ファンタスティック3」という企画が行われた。この公演でセンターに抜擢されたのは和田、伊藤純奈、相楽の3人。和田がセンターを務めた「狼に口笛を」「自由の彼方」「ここにいる理由」の3曲で彼女たちは白シャツに黒ネクタイという格好でパフォーマンスする。続いて赤いシャツにプリーツスカートを合わせた服装で現れた伊藤純奈がセンターポジションで「生まれたままで」「左胸の勇気」「扇風機」の3曲を歌唱。最後にピンク色のワンピースに着替えた彼女たちは相楽のソロパートから「君は僕と会わない方がよかったのかな」「初恋の人を今でも」「涙がまだ悲しみだった頃」の3曲を届けた。

和田、伊藤純奈、相楽をフィーチャーしたトークコーナー「写真でくらべてみました」を挟んで、ライブは後半戦へ。彼女たちは再びセンターを渡辺に戻したポジショニングで、「別れ際、もっと好きになる」や「不等号」を迫真のパフォーマンスで届けていく。「インフルエンサー」の歌唱前には渡辺が、「小さいとき、お花が好きでよく図鑑とかを見ていました。その中で一目惚れしたお花があって……アイスランドポピーという花です」と静かに語り始める。続けて「今日のライブで何を話そうかなと思って、今朝アイスランドポピーの花言葉を調べたんです。そしたら『思いやり』とかがつらつらと書いてあって、最後の行に『私が勝つ』って書いてあったんです。この言葉は今のアンダーメンバーの私たちに、とっても合ってる言葉だなって思います。私たちはもっともっと上に行けるんです。私たちは最弱なんかじゃない。私たちは勝ちます」と力強く宣言し、ラストナンバーを「インフルエンサー」をパワフルに届けた。

 

「乃木坂46 アンダーライブ全国ツアー2017 ~関東シリーズ 東京公演~」の様子。(写真提供:ソニー・ミュージックレコーズ)

アンコールでは「ファンタスティック3」企画でこの公演のセンターを務めた伊藤純奈、和田、相楽が現在の心境を述べた。伊藤純奈は先日高校を卒業したことに触れ、「(在学中は)仕事が中途半端になってしまうこともあって悔しかったし、自分にはこれといった武器や特徴、キャラがないのがすごく嫌で、胸を張ってステージに立てなかった。だけど高校を卒業して、ずっと挑戦したかった舞台(「犬夜叉」)にも出られて、それが自信になって今このステージに立ってます」と満足げな表情を浮かべる。一方で和田はこの日のパフォーマンスに満足がいかなかった様子で「悔しい思いをした」と声を震わせるも、「自分のできる精一杯でできて楽しかった」と笑顔に。相楽は「ライブでソロで歌うのが初めてで、新しい一面を見せられたかなって思います。今は上しか見てないし、もっともっと上に向かって歩いていきたい」と決意を述べた。最後に渡辺がマイクを握り「今、すっごく楽しいです! どんどんレベルが上がって、みんなキラキラしてる。もっともっと大きなステージでやりたいなって思うようになりました!」と声を弾ませた。そして彼女たちは最後に再び「風船は生きている」を歌唱。場内はファンのサイリウムで白一色に染められ、ライブは感動的なフィナーレを迎えた。

 

乃木坂46 アンダーライブ全国ツアー2017 ~関東シリーズ 東京公演~
2017年4月22日 昼公演

01. 風船は生きている
02. シークレットグラフィティー
03. 春のメロディー
04. 13日の金曜日
05. ブランコ
06. 狼に口笛を
07. 自由の彼方
08. ここにいる理由
09. 生まれたままで
10. 左胸の勇気
11. 扇風機
12. 君は僕と会わない方がよかったのかな
13. 初恋の人を今でも
14. 涙がまだ悲しみだった頃
15. 気づいたら片想い
16. 何度目の青空か?
17. おいでシャンプー
18. 夏のFree&Easy
19. 別れ際、もっと好きになる
20. 嫉妬の権利
21. 不等号
22. あの日 僕は咄嗟に嘘をついた
23. インフルエンサー
<アンコール>
24. ロマンスのスタート
25. ハウス!
26. 風船は生きている

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SKE48 ZERO POSITION ep56『... | トップ | 乃木坂46はやっぱり凄い!“最... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

乃木坂46」カテゴリの最新記事