HIRO伝説

乃木坂46&欅坂46のこれからを見届けます!

欅って、書けない? #110『長濱ねると齋藤冬優花の2人の休日in長崎』 171217!

2017年12月18日 13時54分58秒 | 欅坂46

欅って、書けない? #110 2017年12月17日 欅坂46

消されていたら、こちらからどうぞ⇒ https://www.bilibili.com/video/av17374185/

または、こちらからどうぞ⇒ http://www.dailymotion.com/video/x6btdl1

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 FNS歌謡祭 第2夜 『欅坂46 どうぶつビスケッツ×PPP / ようこそジャパリパークへ』 171213!

2017年12月14日 15時57分18秒 | 欅坂46

欅坂46 どうぶつビスケッツ×PPP「ようこそジャパリパークへ」2017 FNS歌謡祭 第2夜

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 FNS歌謡祭 第2夜 『欅坂46 / 風に吹かれても』 171213!

2017年12月14日 15時51分30秒 | 欅坂46

欅坂46「風に吹かれても」2017 FNS歌謡祭 第2夜

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

左手首骨折・けやき坂46柿崎芽実、涙でファンに約束 佐々木久美は約5分間の“神スピーチ”<ひらがな全国ツアー 2017 FINAL!>

2017年12月14日 13時45分25秒 | 欅坂46

 けやき坂46(通称:ひらがなけやき)「ひらがな全国ツアー 2017 FINAL!」が12・13日の2日間にわたって千葉・幕張メッセで開催された。アンコールではリハーサル中に左手首を骨折し、両日とも欠席を発表していた柿崎芽実がステージに登場。大粒の涙を流しながら「元気な状態で絶対にここでライブをするので待っていてください!」とファンに誓った。下記では柿崎のスピーチ、そしてその後、観客が思わず拍手し胸熱した、佐々木久美の約5分にわたる“神スピーチ”を全文お届けする。

けやき坂46(C)モデルプレス けやき坂46(C)モデルプレス

柿崎芽実・全文

えっと…手を骨折してしまって、昨日と今日のライブをお休みすることになってしまいました。でも私はすごく元気なので心配はしないでください。昨日も今日もみんなのことをモニターで見ていたんですけど、やっぱり悔しいなって気持ちはすごくありました。でもみんながこうやってライブしている姿を見ていたら、そんな気持ちを忘れちゃうくらい本当にみんなから勇気をもらって…(涙ぐむ)みんなのことが大好きだなって思いました。今このステージに11人全員で出ていることが本当に幸せです。また元気な状態で絶対にここでライブをするので待っていてください!

佐々木久美・全文

芽実は本当に悔しいはずなのに、裏で会うと「頑張って!」とか、ずっとモニターを見ながら笑っていてくれて、それが私たちも本当に心強かったし、みんなでひらがなけやきなんだなって思いました。私たちは結成されてもうすぐ1年半が経つんですけど、ここでライブをできていることが本当に夢のようで。1年半前…もっと前ですね。最初は長濱ねるちゃんが1人で“ひらがなけやき”ってことで、まだ漢字欅さんが『サイレントマジョリティー』でデビューする前に私たちが募集されて、それで選ばれた11人だったんですけど、最初は皆さんに受け入れられていないなって感じていて。その中で漢字さんは『サイレントマジョリティー』や『世界には愛しかない』とかでどんどん坂を登っていく姿を見ていて、その中で私たちは何もできていないまま、みんなでどうすればいいんだろうって何回も話したりして。

少しだけ辛い思いをしたり、その中でこのひらがなけやきの中ですれ違いが起きてしまったりして、進む方向がわからなくなって。でもその中でも、私たちのことを待っていてくださる方や応援してくださる方がちょっとずつ増えてきて、私たちのことを認めてもらえてきているなってやっと実感が持てるようになってきました。ずっと12人でやってきて、12人で歌った4曲。『ひらがなけやき』『誰よりも高く跳べ!』『僕たちは付き合っている』『永遠の白線』、この4曲は本当に宝物だし、夏のツアーでずっと歌っていたんですけど、今でも『永遠の白線』を歌うとそのときの景色が浮かんで、ねるちゃんの後ろ姿を思い出したりして。その後ろ姿を思い出して頑張ろうって気持ちになったり。

あと『永遠の白線』の1番最後のそれぞれのポーズで、1番最後にねるちゃんの“ねる”っていうポーズをするポイントがあるんですよ。私たちはずっとねるちゃんから始まった12人で、1人から始まり、12人に増えたひらがなけやきで頑張ってきて、今は1人減って11人になって、また20人に増えたんですけど、ずっとねるちゃんの想いは引き継いでいるし、こうやってどんどん私たちのことを応援してくれたり、好きって言ってくれる人も増えてきてるし。

だから私たちはここでとどまっていられないなと最近本当に思います。まだまだ未熟な私たちなんですけど、9人も後輩が増えてもっともっと頼もしく、カッコ良いハッピーオーラに包まれたひらがなけやきを今の20人で育てていきたいなと思います。私たちのモットーはハッピーオーラを届けたいというものがあって、その想いをもっともっと届けたいという一心で活動をしています。なので今日のライブでハッピーになって帰り道に笑顔が絶えないってなったらいいなって思います。これからももっともっとハッピーを届けていきますので、よろしくお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

けやき坂46・2期生、ファン初お披露目 圧倒的ビジュアル&個性に観客沸く「ひらがな全国ツアー 2017 FINAL!」

2017年12月14日 13時39分46秒 | 欅坂46

 けやき坂46(通称:ひらがなけやき)「ひらがな全国ツアー 2017 FINAL!」が12・13日の2日間にわたって千葉・幕張メッセで開催された。各日7000人、計1万4000人のファンが集結。ツアーファイナルとなる同会場では、今年8月に加入したばかりの2期生9人(小坂菜緒、金村美玖、河田陽菜、富田鈴花、丹生明里、濱岸ひより、松田好花、宮田愛萌、渡邉美穂)がファンの前に初めて姿を現し大歓声を浴びた。

けやき坂46・2期生、ファン初お披露目(C)モデルプレス けやき坂46・2期生、ファン初お披露目(C)モデルプレス

ライブ中盤、1期生によるパフォーマンスメドレーが終わると、2期生がひとりずつ登場して自己紹介。そして1期生と一緒に、けやき坂46が“20人”体勢になって初めての楽曲『NO WAR in the future』を披露した。MCでは2期生が他の2期生を“他己紹介”。自己紹介では伝わらないメンバーしか知らない素顔のオンパレードに、観客のみならず1期生も驚き目を丸くした。

10月に冠番組「欅って、書けない?」に初登場、そしてアーティスト写真が公開されると、これまでのメンバーとはひと味違った個性溢れるキャラクターと、圧倒的なビジュアルに、ネット上では「最初からビジュアルのレベル高すぎてビックリした」「全員可愛すぎて誰を推すか迷うレベル…もはや箱推し必至」などのコメントが飛び交い、注目を集めていた。満を持しての初ステージ、物怖じしない姿に底知れぬ可能性を感じずにはいられなかった。

「ひらがな全国ツアー 2017 FINAL!」2日目(12月13日)セットリスト

OVERTURE
1. ひらがなけやき
2. 語るなら未来を…
3. 世界には愛しかない

MC

4. ここにない足跡(井口眞緒、潮紗理菜、影山優佳、高瀬愛奈、東村芽依)
5. AM1:27(佐々木美玲、影山優佳、東村芽依)
6. 猫の名前(佐々木久美、加藤史帆、井口眞緒、高瀬愛奈)
7. 沈黙した恋人よ(潮紗理菜、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、高本彩花)

MC

パフォーマンス&洋楽メドレー
・タップダンス~ABC(Jackson5)
・ドラムマーチ~you can't hurry love(ダイアナロス)
・カラーガード~
・ポイ~Hot Stuff(Donna Summer)

MC

8. NO WAR in the future
9. それでも歩いてる
10. 東京タワーはどこから見える?
11. 永遠の白線
12. 手を繋いで帰ろうか
13. 誰よりも高く跳べ!
14. 太陽は見上げる人を選ばない

<アンコール>
15. 僕たちは付き合っている
16. 二人セゾン

MC

17. W-KEYAKIZAKAの詩

出演メンバー:名前一覧(50音順)

【けやき坂46・1期生(11人)】
井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実(骨折のため幕張公演のみ欠席 ※アンコールでサプライズ出演)、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、東村芽依

【けやき坂46・2期生(9人)】
小坂菜緒、金村美玖、河田陽菜、富田鈴花、丹生明里、濱岸ひより、松田好花、宮田愛萌、渡邉美穂

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

欅坂46 『「KEYABINGO!2」BD&DVD PR動画(尾関梨香、渡辺梨加、渡邉理佐)』   171213!

2017年12月13日 19時11分15秒 | 欅坂46

2017年12月22日発売「KEYABINGO!2」渡辺梨加×尾関梨香×渡邉理佐コメント

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

けやき坂46メンバー、骨折 ツアー欠席&演出変更を発表<柿崎芽実>

2017年12月12日 16時04分44秒 | 欅坂46

 けやき坂46の公式サイトが11日、メンバーの柿崎芽実が骨折したことを報告。出演予定だった「ひらがな全国ツアー 2017 FINAL!」幕張公演(12日~13日)を欠席、演出の変更を行うことを発表した。

けやき坂46 (C)モデルプレス けやき坂46 (C)モデルプレス

けやき坂46・柿崎芽実、骨折でツアー欠席

柿崎芽実、齊藤京子 (C)モデルプレス 柿崎芽実、齊藤京子 (C)モデルプレス

公式サイトは、「けやき坂46『ひらがな全国ツアー 2017 FINAL!』幕張公演に向けてのローラースケート演出のリハーサル中、メンバーの柿崎芽実が転倒、左手首を痛めました」と怪我の経緯を説明。「病院での診察の結果『左橈骨遠位端骨折』との診断を受けました。診断結果を受け、運営委員会で検討した結果、柿崎芽実の幕張公演への出演を見送る事に致しました」と報告した。

同公演では、マーチングパフォーマンスやタップダンスなど、メンバーたちが様々な演目に挑んできた。幕張公演ついて「今回の幕張公演でのチャレンジ演目がローラースケートでしたが、今回の事態により、メンバーの安全面を考慮し、ローラースケートでの演出も見送りさせていただきます」と演出を変更することを発表した。

柿崎芽実、ツアー不参加への本音明かす

(左から)長濱ねる、柿崎芽実、齊藤 京子、佐々木久美 (C)モデルプレス (左から)長濱ねる、柿崎芽実、齊藤 京子、佐々木久美 (C)モデルプレス

柿崎も12日付のブログで、「沢山の方にご心配をおかけしてしまい、申し訳ありません」と謝罪し、「正直悔しくて悔しくて仕方がないです」と本音を吐露。そして「怪我をしたのは左手首だけなので、私は全然元気です!!」と現状を伝え、「ステージには立てないけど、私も全力で応援します!11人の心は1つです!」とメンバーへエールを送った。

最後に「そして、皆さんに約束します。私は絶対強くなって戻ってきます 皆さんに勇気を与えられる存在になります」と力強く宣言。「どのくらい時間がかかってしまうかわからないですが、また元気な姿をお見せできるまで、待っていて下さると嬉しいです」と前向きに結んだ。

発表コメント全文

平素よりけやき坂46を応援いただきありがとうございます。

けやき坂46「ひらがな全国ツアー 2017 FINAL!」幕張公演に向けてのローラースケート演出のリハーサル中、メンバーの柿崎芽実が転倒、左手首を痛めました。

病院での診察の結果「左橈骨遠位端骨折」との診断を受けました。

診断結果を受け、運営委員会で検討した結果、柿崎芽実の幕張公演への出演を見送る事に致しました。

楽しみにお待ち頂いておりました公演にご来場の皆様、及び関係者の方々に心よりお詫び申し上げます。

また、今回の「ひらがな全国ツアー 2017」では、毎公演、様々な演目にチャレンジしてまいりました。

今回の幕張公演でのチャレンジ演目がローラースケートでしたが、今回の事態により、メンバーの安全面を考慮し、ローラースケートでの演出も見送りさせていただきます。重ねてお詫び申し上げます。

メンバー・スタッフ一同、幕張公演の成功に向けて最後まで全力を尽くしますので、引き続きけやき坂46へのご声援、よろしくお願い致します。

欅坂46運営委員会

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

欅って、書けない? #109 『欅坂46 USJクイーン決定戦!後半』 171210!

2017年12月11日 08時21分51秒 | 欅坂46

<!-- 欅って、書けない? #104 欅坂46 2017年12月10日 -->

消されていたら、こちらからどうぞ⇒ https://www.bilibili.com/video/av17149524/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

欅坂46 『TGC北九州2017 Overture 語るなら未来を… 危なっかしい計画 風に吹かれても 』 171209!

2017年12月10日 22時23分28秒 | 欅坂46

<!-- 欅坂46 Overture 語るなら未来を… 危なっかしい計画 風に吹かれても  -->

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<欅坂46長濱ねる・写真集インタビュー>初の水着撮影、2ヶ月のダイエットで渡邉理佐に教えてもらったこと…【ここから】

2017年12月09日 11時31分46秒 | 欅坂46

 欅坂46・長濱ねる(ながはまねる/19)1st写真集『ここから』(講談社/12月19日)の発売がいよいよ迫ってきた。初版12万部は乃木坂46・欅坂46を合わせた“坂道シリーズ”ソロ写真集の中で過去最多。先行カットが公開されるたび、写真集公式Twitter(@neru_nagasaki)がなにかを投稿するたびに反響を呼ぶ。モデルプレスは、個性豊かなグループの中でも“アイドル性No.1”の呼び声が高い彼女が、自身の故郷・長崎の五島列島で見せた決意の初水着、約2ヶ月のダイエット、さらに「私ってこんなに明るい人だったんだ」と改めて思ったという心境の変化、一歩踏み出せたことなどを本人に聞いた。

モデルプレスのインタビューに応じた長濱ねる(C)モデルプレス モデルプレスのインタビューに応じた長濱ねる(C)モデルプレス

長濱ねる、初の水着は「とにかく恥ずかしくて」

長濱ねる(C)モデルプレス 長濱ねる(C)モデルプレス

― 写真集の発売日が迫ってきました。初版12万部は乃木坂46・欅坂46を合わせた“坂道シリーズ”ソロ写真集の中で過去最多です。

長濱:本当にびっくりしました。正直、今も実感がなくて。でもそんなにたくさんの方に見ていただけるのかなって思うと嬉しいです。

― 初の水着姿など、公開される先行カットがどれも話題になっています。

長濱:水着カットが世に出たときはとにかく恥ずかしくて。メンバーも「すごく良いね!」って言ってくれたんですけど、照れちゃいました(笑)。

長濱ねる1st写真集『ここから』(講談社・12月19日発売)/撮影:細居幸次郎 長濱ねる1st写真集『ここから』(講談社・12月19日発売)/撮影:細居幸次郎

― 水着に抵抗はありましたか?

長濱:ありまくりでした(笑)。本当に恥ずかしかったんです。プライベートでもちゃんとビキニを着たことがなかったので。それにもともと写真を撮られることもあまり得意ではなくて、それにプラスして水着という2つの難関が…(笑)。でも長崎で撮れたのはすごく大きくて、地元だったのでここまで頑張れたんだと思います。

― 水着も何パターンか披露されていますが、どれが一番恥ずかしかったですか?

長濱:やっぱり最初に撮影した白い水着がなんかすごく「わっ」て思いました(笑)。

長濱ねる1st写真集『ここから』(講談社・12月19日発売)/撮影:細居幸次郎 長濱ねる1st写真集『ここから』(講談社・12月19日発売)/撮影:細居幸次郎

― (笑)。とても初々しさに溢れていてドキドキ感が伝わってくるんですが、撮影を振り返ってみていかがですか?

長濱:撮影ではご飯のときから寝る直前までずっと撮られていたので、その環境に少しずつ慣れていったんです。水着の撮影は2日目だったので、あまり意識せずにそのときの感情がそのまま表情に出ているんじゃないかなって。写真集には自分でも初めて見たなって思う顔が本当に多いです。

長濱ねるの“2ヶ月ダイエット”

長濱ねる(C)モデルプレス 長濱ねる(C)モデルプレス

― 今回、撮影に向けてダイエットなどはしましたか?

長濱:2ヶ月くらいしました。メンバーの(渡邉)理佐ちゃんに脂肪燃焼スープが良いと教えてもらって。トマトとかセロリとかを入れるんです。あとは豆乳をすごく飲みました。ダイエットであまり食べないってなるのもよくないので、豆乳を飲んだら女性らしい体になれるかなと思って。

― 結果的に納得のいくスタイルで撮影に臨めましたか?

長濱:そうですね、皆さんにいろいろアドバイスをいただけて良かったです。結構面倒くさがり屋なのですぐにやらなくなってしまいがちなんですが、セルフマッサージは本当に良いと聞いたので、お風呂の中で体を洗って泡でマッサージをするとか、いろいろ方法を変えながら毎日やっていました。

長濱ねる1st写真集『ここから』(講談社・12月19日発売)/撮影:細居幸次郎 長濱ねる1st写真集『ここから』(講談社・12月19日発売)/撮影:細居幸次郎

― お肌のケアなど美容面はいかがですか?

長濱:毎日やっているのはスチーマー。冬だとすごく乾燥して、中高生の頃はニキビとかもよくできていました。メイクさんとお話をしていたら、保湿をした方がいいよと言われて、最近、特に気をつけるようにしています。

― ご両親は写真集についてなにかおっしゃっていましたか?

長濱:今回、すごく協力してくれました。東京でひとり暮らしをしているんですけど、写真集の撮影に向けてダイエットをするとなったら、家族が東京まで来てダイエット食とか料理を教えてくれて。なので早く見てほしいですね。

後悔なし!「今の自分を出し切れた」

長濱ねる(C)モデルプレス 長濱ねる(C)モデルプレス

― 素晴らしい写真集が完成したわけですが、あえて後悔や心残りを挙げるとしたらなにかありますか?

長濱:う~ん、ないかも、ないです!もちろん完璧というわけではないんですけど、自分が想像していた何倍も、何十倍もいろんな表情を撮っていただいたので。今の自分を出し切れたと思います。

― 一番印象に残っている撮影はなんですか?

長濱:観光ブックとかにも載っていない、地元の人しか知らない海での撮影です。山の中を車でくぐり抜けていくと、突然バッて海というか海岸があって。私もそこに初めて行きました。本当に秘密基地みたいな感じですごく覚えています。そこでは青いギンガムチェックのビキニを着ました。

長濱ねる1st写真集『ここから』(講談社・12月19日発売)/撮影:細居幸次郎 長濱ねる1st写真集『ここから』(講談社・12月19日発売)/撮影:細居幸次郎

― 女の子にはどんなところに注目してほしいですか?

長濱:写真集を通してのテーマに、何年後に見返しても色あせない写真集というのがあるんです。なので洋服だったりスタイリングだったり、いつの時代に見ても可愛い!ってなるように意識しました。普段しない髪型もしているので、ぜひ見ていただけたら嬉しいです。

長濱ねる1st写真集『ここから』(講談社・12月19日発売)/撮影:細居幸次郎 長濱ねる1st写真集『ここから』(講談社・12月19日発売)/撮影:細居幸次郎

最近“一歩踏み出せた”こと

長濱ねる(C)モデルプレス 長濱ねる(C)モデルプレス

― 写真集の撮影を通して、変われたこと、成長できたことがあれば教えてください。

長濱:自分の殻に入りがちな自分を変えたいと思って五島に行きました。東京に来て自分を出せなくなったというか、どういう自分が本当の自分なのかなと思うことも多かったので。でもいざ五島に行ってみると、自分はこんなに笑うことが好きだったんだなとか、冗談を言って人を笑わせることもあるんだなとか、いろんなところに自分から飛び込んでいくんだなとか、「私ってこんなに明るい人だったんだ」と改めて思いました。「変わりたい」と思って行ったんですけど、逆に戻ったというか、幼い頃の自分に戻れたような気がしました。

長濱ねる(C)モデルプレス 長濱ねる(C)モデルプレス

― 写真集で見せる長濱さんの笑顔は、本当に素の表情なんだなということが伝わってきます。まだアイドルを始めて約2年しか経っていませんが、アイドルになって変われたことはありますか?

長濱:欅坂46の曲は本当にたくさんのメッセージが詰め込まれているんです。自分が中高生だった頃は言えなかった想いを歌えるので、やっぱり欅坂46としてライブをしているときはすごく気持ちいいです。このグループで良かったな、このグループに入れたことが私の幸せの始まりだったな、と最近よく思います。

― 最近“一歩踏み出せた”ことはありますか?

長濱:ラジオなどで『サイレントマジョリティー』の歌詞の意味を教えてください、と聞かれることがあったんですけど、これまでは「けやき坂46(通称:ひらがなけやき)」と兼任で、『サイレントマジョリティー』の歌唱メンバーではなかったので、自分なんかが答えていいのかなと思っていて。でも欅坂46の専任になったり、写真集をソロで発売させていただけることになったり、いろんなことがあって、自分も欅坂46の一員なんだからと自信を持って話せるようになりました。

長濱ねる(C)モデルプレス 長濱ねる(C)モデルプレス

― タイトル『ここから』にちなみ、長濱さんの『ここから』を教えていただきたいです。

長濱:グループはまだ2周年、新しいグループということで注目していただけることもあったんですけど、これから3年目、4年目になっていくにつれて、自分たちで掴んでいかないといけないことも多くなっていくと思います。5枚目シングル『風に吹かれても』の歌詞が少し大人になっているので、それと同じように欅坂46も少しずつ成長していきたいですね。自分自身も例えばクイズ番組に出たり、いろんなことに挑戦して経験を積み重ねていき、地元・長崎のお仕事もたくさんできたらいいなと思います。

長濱ねるの“夢を叶える秘訣”

長濱ねる(C)モデルプレス 長濱ねる(C)モデルプレス 長濱ねる(C)モデルプレス 長濱ねる(C)モデルプレス

― “ここから”その夢に向かって邁進していくと思いますが、夢を叶えるにはどんなことが必要だと思いますか?

長濱:運を貯めることと、運を使うことをすごく意識しています。例え誰も見ていなくても、自分の中で「良いことをしたぞ」って思えるようなことをする、それを運を貯めると自分で言っていて。もし嫌なことがあっても、これは良いことがあるためにつながってるんだ、と思うようにしています。そしてそれが貯まって、いざというときは、もったいないと思わずに乗っかるというか、運を使う。私の場合、その考え方を持っていると、なんでも挑戦できてどんどん前向きになれるんです。

― ありがとうございました。

インタビューメモ/長濱ねるにみんなメロメロ…

長濱ねる(C)モデルプレス 長濱ねる(C)モデルプレス

同作は“青春”をテーマに今年7月、4泊5日にわたって撮影。「こんなに自分を見せたのは人生で初めて」と語るほど、思いっきり笑い、感動して泣いた表情など、まさに全てをさらけ出している。普段、謙遜しがちな彼女だが、このたびのインタビューでは珍しく「ぜひ写真集を見てほしいです」と積極的にアピール。しかしそれをスタッフからいじられて顔を赤らめる姿が可愛くて可愛くて…。さらに撮影では「写真を撮られるのは苦手」としながらも、ピアノからひょこっと顔を出したり、頬をふくらませて怒ったり、いろんなリクエストに照れながらも応じる姿に、スタッフ一同メロメロだった。

「怒ってみて」とリクエスト…(C)モデルプレス 「怒ってみて」とリクエスト…(C)モデルプレス
 
照れる。(C)モデルプレス 照れる。(C)モデルプレス
 
もう一度、挑戦♪(C)モデルプレス もう一度、挑戦♪(C)モデルプレス
コメント
この記事をはてなブックマークに追加