伊藤浩之の春夏秋冬

日本共産党の市会議員です。市政のこと、政治のこと、身近な花や生き物など思いつくままにつづっていきたいと思います。

空の百面相

2017年01月04日 | 自然
 きょうの空はめまぐるしく変わりました。

 朝は一面の雲。切れ間から朝焼けが見えるだけ。



 でも散歩をしている間に、天上の方にも切れ間が広がり、やがて青空が広がりました。

 いわき市中央卸売場市場の初競りに出席後、午後は議会棟の控え室で作業をしていましたが、その間も窓の外でめまぐるしく天気が変わっていきました。

 青空が広がったかと思うと、あっというまに空一面を雲が覆う。明るい空と暗い空が交互にやってくる。そのちび控え室は、暑くなったり、冷え込んだり、忙しく室温が変わりました。

 流れる雲は、日光に照らされて錦色に染まりました。彩雲です。





 夕方の空には、上弦の月が浮かび、夕焼けに染まる雲が浮かびました。



 そうですね。今日の空は百面相といったとろこでした。
『福島県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初競り | トップ | ジョウビタキ / いきもの録 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自然」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL