伊藤浩之の春夏秋冬

日本共産党の市会議員です。市政のこと、政治のこと、身近な花や生き物など思いつくままにつづっていきたいと思います。

カヤラン / 植物誌

2017年05月14日 | 読書
 きょうの天気もグズグズという感じ。

 とりあえず朝、霧雨程度の雨だったので、愛犬の散歩に出ました。

 そしたら、こんな野の花が花を開きかけていました。



 フタリシズカです。

 青いつぼみが、やがて白い花を咲かせます。

 こんな花も咲いていました。



 キンランです。

 毎年、この場所で花を咲かせます。今年も出会えて良かった。

 というのも、野の花を、たまに掘り起こしていく人がいますから。

 やはり野におけ蓮華草。野にある花は野において、その季節になったら出会いに来て欲しい。心からそう思っています。

 そしてこちらはカヤラン。



 植物に寄生して咲く。寄生された植物はかわいそうですけど、一生懸命、ぶら下がってひっそりと咲く姿にけなげさを感じます。

 ツルニチソウも咲いていました。

『福島県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オオルリ / いきもの録 | トップ | 活動日誌№195を発行しました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL