伊藤浩之の春夏秋冬

日本共産党の市会議員です。市政のこと、政治のこと、身近な花や生き物など思いつくままにつづっていきたいと思います。

小鳥もぶるぶる。なごり雪 / いきもの録

2017年03月15日 | 
 今朝の報道番組で「なごり雪」はどんな雪という問いかけをしていました。

 私にとっては答えは意外と簡単です。

 ♪~汽車を待つ君の横で僕は 時計を気にしてる
季節外れの雪が降ってる・・~♪

で始まる「なごり雪」は、「いま春が来て君はきれいになった」と歌う。

 つまり「なごり雪」が降る季節は「春」だということですね。

 きょういわき市でも、場所によっては積雪がありました。

 福寿草が咲き、梅が咲き、シュンランも開花しました。当いわき市遠野町にも春は確実にやってきています。そこに降った雪。



 山の上は確実に雪で白くなっていました。

 今日は気温が上がらないという予報でした。

 小鳥も寒いんでしょうね。

 議会棟の窓外にはイソヒヨドリがやってきます。今日も来たのですが、逆光になる木の枝に止まっていて撮影は失敗。

 地上にはツグミがいます。毎日、朝から晩まで何かしらをついばんでいるのです。



 寒さを感じるからでしょうか、羽に空気をいっぱいため込んでいるようで、なんか膨らんでいます。







 これは昨日のことですが、そう昨日も雨の中でした。

 いつものようにジョウビタキがやってきました。



 シメもほぼ毎日見かけます。



 朝の愛犬の散歩では、シジュウカラやヤマガラを良く見かけます。写真はヤマガラ。

『福島県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平和を守り原発から抜けだそう | トップ | 深まる春 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL