伊藤浩之の春夏秋冬

日本共産党の市会議員です。市政のこと、政治のこと、身近な花や生き物など思いつくままにつづっていきたいと思います。

ミヤマケマン、ニリンソウ / 野の花録

2017年04月17日 22時23分40秒 | 野の花
 この間、しんぶん赤旗の配達などをしながら、道端の草花を見かけました。

 新しい発見は、ないものの季節の流れを教えてくれます。

 アケビの花の紫色を美しいと感じました。



 ウイキョウゼリには甲虫がいました。虫の名前は分からないのですけど・・。



 カノコソウも盛りを迎えていました。





 どこでも見かけるタチツボスミレです。見事に咲きそろっています。



 シャガが咲き始めていました。



 ミヤマキケマン。



 ムラサキケマン。ミヤマキケマンと並んで咲いていたのです。



 両方一緒に見ることができラッキーです。

 ニリンソウ。



 キクザキイチゲ。



 キツネノボタン。



 ヤマブキももう咲いていたのですね。



 ヤマザクラ。




野の花が次々と開花しています
『福島県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カルガモ、コゲラ、シジュウ... | トップ | タンポポ / 野の花録 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。