伊藤浩之の春夏秋冬

日本共産党の市会議員です。市政のこと、政治のこと、身近な花や生き物など思いつくままにつづっていきたいと思います。

ナナホシテントウ / キタテハ

2016年10月11日 | 
 これも昨日草刈りをした時の写真です。

 草刈り機の給油用に燃料容器を近くに置きました。中にはガソリンとオイルの混合比率が50:1の燃料が入っています。

 その給油用のパイプにナナホシテントウが止まっていました。



 久しぶりに見るナナホシです。彼(彼女かな・・)をカメラで追いかけていると、刈り取った草の上を歩き回っていました。



 これはオオユウガギクかな。虫がとまっていました。何という虫だろうか・・。



 アブだと思っていました。ネット検索で探してみて、確信は持てないのだけれど、ヒラタヤドリバエという種の仲間のよう。

 草刈りを終えて帰ろうと車に戻った時、林の際の葉っぱが揺れていました。目を奪われながら草むらに目をやると、ネコジャラシに似た草に枯葉がつきささっている状況が目に入りました。

 あれ・・、葉っぱだよね。

 え、違うかな。

 近寄ってみると、どうも枯れ葉ではない。昆虫のようです。



 調べてみるとキタテハでした。

 翅の裏側はとにかく枯れ葉そっくり。表側はどうなっているのだろう。

 指で追い立てると、翅を開いてくれました。





 頭部を保護するための編みマスクにイナゴがやってきました。

『福島県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 田んぼに生えていた花 / 野の... | トップ | 常任委員会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事