伊藤浩之の春夏秋冬

日本共産党の市会議員です。市政のこと、政治のこと、身近な花や生き物など思いつくままにつづっていきたいと思います。

草刈り

2016年10月10日 | 日記
 朝、犬の散歩から戻って空を見上げました。



 青い空がすがすがしいだけでなく、わたあめを流したような雲が美しい。

 涼しい日になったので、予定していた田んぼの草刈りを楽にできるだろう。宣伝カーに道具を積み込んで出かけました。

 なぜ宣伝カーか。田んぼに入る農道が狭くて、普通車ではちょっと怖いかなという感じ。軽の宣伝カーなら安心して入れると思ったのです。

 草ボーボーの田んぼ。まったくの原野という感じです。



 でもそんなに広くない。3畝(330平方m程度)と言っていた。

 ところが、意外に時間がかかりました。2時間かかってタンクの燃料がなくなった時点の様子がこんな感じ。



 半分といったところか。

 そして給油して、また2時間刈り続け(たまに草花の写真を撮ったけれど)てやっと完了。けっきょく4時間かかりました。



 草が育ちすぎると刈り取ることが大変。草を刈るたび思うのですが、この教訓が生かされたことはないなぁー。

 4時間の作業ですが、疲れもあまり出てきません。涼しい気候は、体を使った作業に向いていますね。
『福島県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アキノタムラソウ | トップ | 田んぼに生えていた花 / 野の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL