伊藤浩之の春夏秋冬

日本共産党の市会議員です。市政のこと、政治のこと、身近な花や生き物など思いつくままにつづっていきたいと思います。

彩雲に和んでゴミに沈んで

2016年10月24日 | 日記
 いつもの朝の散歩。

 うまい具合に雲が流れて、彩雲が見えていました。こういうのを見ると得した気分、心も和みます。







 彩雲は朝と夕方によく見られます。雲にあたる太陽光の角度がちょうど良いのですね。

 実際、しばらくすると、細長い雲がたなびくだけで、彩雲は見えなくなりました。



 しかし、この雲はとても細く長いなぁー。空を横切る姿がかっこ良いと思います。

 一転、地上に目をやると大きなゴミが捨ててありました。今度は気分が沈みます。



 昨日はいっせい清掃デー。しばらく前から気にかかっていたのに、大きすぎるために散歩の時には片付けられないでいたゴミは、近所の方が回収してくれたと言っていました。

 そうした矢先にまたこんなゴミが捨てられる。ゴミを捨てる人はいったい何を考えているのか・・。
『福島県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コウヤボウキ / ナギナタコウ... | トップ | カケス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL