伊藤浩之の春夏秋冬

日本共産党の市会議員です。市政のこと、政治のこと、身近な花や生き物など思いつくままにつづっていきたいと思います。

雨の日なので昨日撮った花を:ののはな録 / 雲の切れ間に見えたオリオン

2016年11月11日 | 野の花
 雨で始まった1日。結構の量が降っている印象です。

 そんなことで犬の散歩もそうそうに切り上げました。雨降りの景色意外に見えない一日でしたので、昨日撮った写真をはりつけておきます。

 図鑑で見たこの花をどこかで見たぞ、と思っていました。



 そう散歩している道端にあったのです。

 ベニバナボロギクというアメリカ原産の外来種で一年草なんですって。

 ヨメナだと思います。





 開花期が終わろとしているようです。

 報道番組の天気予報では昼頃に雨が上がると伝えていました。

 実際窓の外を見ると、昼頃には雨が上がったように見えていました。

 ところがほんの少し降っていたのですね。夕方にも雨が頭にあたりました。

 午後11時過ぎ。空がやたらに明るい。垂れ込めた雲がどこかの光を反射しているのでしょう。

 雲の切れ間にオリオンが見えました。撮ってみました。



 露出3.5でだいたい1分露光。
『福島県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幻日が見えた。うっすらハロ... | トップ | 4日間の決算委員会を終了しま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL