伊藤浩之の春夏秋冬

日本共産党の市会議員です。市政のこと、政治のこと、身近な花や生き物など思いつくままにつづっていきたいと思います。

2016年11月25日 | 四季
 前日に雪が降ったためか、今朝はとても寒い。気温は0度。

 窓の外には雪混じりの景色が開けていました。





 霜も本格的に降りていました。

 自宅の窓から見えるもみじが霜で彩られていました。



 かなり厳しく霜が降りています。



 雪が少し残るいつもの道に、愛犬の散歩で出かけました。



 沿道は霜で白く見えます。





 沿道の高揚した葉っぱも霜で飾られていつもより美しく見えます。



























 枝の先の水滴も凍りついて時を止めていました。



 菊の花も凍てついています。



 初氷もはりました。



 自宅の愛犬の飲水も。



 ツララもどきも伸びていました。



 お日様が出てきて、彩雲も見えていました。



 空には旅客機が飛んでいきました。ANAだと思いますけど・・。



 青空が広がっています。



 夕方の西の空には夕焼けが広がりました。

 
『福島県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 市長に予算要望書提出 | トップ | ベニマシコ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

四季」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL