伊藤浩之の春夏秋冬

日本共産党の市会議員です。市政のこと、政治のこと、身近な花や生き物など思いつくままにつづっていきたいと思います。

初競り

2017年01月04日 | 季節
 2017年も4日が過ぎてしまいました。

 御用始めの今日、いわき市中央卸売市場では、花き部(公設地方卸売市場)の初競りの式典が行われ、出席しました。

 会場には、競りを待つ花が並んでいました。

 カスミソウ。



 アルストロメリア。



 式典後に初競りが行われ、次々に花が競り落とされていきました。



 どの程度の金額で競り落とされているのか分からないので幾人かに声をかけて聞いてみようと思ったのですが、忙しく答えてくれるひまなし。結局、分からずじまいでしたが、今年商売繁盛となりますように祈っています。

 今日の初競りは10時からでした。花き部の競りは時間が遅い。なぜなのか以前に聞いたことがありますが、産地から直接品物が入らず、東京の市場を経由して入荷するためだったと思います。

 今日はゆっくりだったので良かったのですけど、明日の水産物部、関連業者、青果部の初競り式は開始が午前6時ととても早い。寝坊しないようにしなくちゃ。

 でも、明日の愛犬の散歩はどうしよう・・。
『福島県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 街頭宣伝 | トップ | 空の百面相 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

季節」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL