伊藤浩之の春夏秋冬

日本共産党の市会議員です。市政のこと、政治のこと、身近な花や生き物など思いつくままにつづっていきたいと思います。

アオジ、ノスリ / いきもの録

2017年03月20日 22時19分44秒 | 
 今朝はまぁー、次々とびっくりが続きました。

 散歩の途上の愛犬が、他の犬の落とし物に気をとられた、その時、わずか1m50cmのところから、大きな羽音が聞こえました。

 5羽のコジュケイが飛び立ったのです。

 気がつかなかった。姿も丸見えだったはず。

 写真撮影の絶好のチャンスだったのに。

 そこから歩を進めると、バタバタバタという羽音・ドラミングとともに、「クェ、クィー」などという不機嫌に聞こえる声が聞こえました。

 聞きながら歩をすすめると、木立の陰に鳥の横顔のシルエットが浮かびました。

 あれ、もう一度見つめると、間違いありません。おそらくヤマドリ。ドラミングをしているオスが呼び寄せようとしているメスだったのかもしれません。

 カメラのスイッチを入れるなど、撮影準備をしている一瞬に飛び去ってしまいました。

 コジュケイ、ヤマドリとニアミスをした残念な朝、アオジは親しく、2m程のところで餌を探してくれました。



 しじじゃらだんだんに遠ざかっていきました。









 行き、帰りともにいてくれたのです。

 そしてこれは昨日見たノスリです。




『福島県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八重のウメ | トップ | シジュウカラ、シメ / いきも... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。