伊藤浩之の春夏秋冬

日本共産党の市会議員です。市政のこと、政治のこと、身近な花や生き物など思いつくままにつづっていきたいと思います。

コゲラ / いきもの録

2017年01月30日 | 
 今日の朝の愛犬の散歩はいつものコース。いままでホオジロやベニマシコ、シジュウカラ、そしてヤマガラなどしか見たことがなかった原野でシメをみかけました。





 枝の先にはカシラダカ。



 29日、朝の散歩でコゲラを見かけました。

 「ビーッ」というキツツキのさえずり。おそらくこれはアカゲラだと思うのだけど、さえずりにひかれて見つめた方向の木の枝から幹に、小型の鳥が動き回っていました。コゲラ。直感的に思いました。



前後に開く足で、幹を上手につかんで木登りをしていく。巧みな木登り術を持った小鳥です。



 木の枝の上にヤマガラが飛んできました。



 遠くの木の枝を小鳥の群れが巡っている姿が見えました。



 写真で見るとマヒワの群れでした。

 28日朝には、散歩のさ中にアオジを見かけました。





 滝の川原付近にはホオジロがいました。



 川原によく見かけるのがカワラヒワですが、その環境ではシメもよく見かけます。



 26日、熊本県の玉名市で視察を終え、移動のために新幹線を待つ新玉名駅のホームで見かけたヒヨドリです。



 イソヒヨドリでした。

 以前、沖縄では、灰色の普通のヒヨドリではなくて、青い色をしたイソヒヨドリが普通にいることを知り、びっくりしたことがありました。九州も同じなのかしら・・。

 教師議会控室から帰り際に見た空。三ヶ月と金星が深く暮れた夕空に浮かんでいました。

『福島県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちょっと疲れがでました・・... | トップ | 常任委員会視察を議員だより... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL