伊藤浩之の春夏秋冬

日本共産党の市会議員です。市政のこと、政治のこと、身近な花や生き物など思いつくままにつづっていきたいと思います。

満月祭 / キタテハ / 猿面雲

2016年09月17日 | イベント
 満月祭が実施されました。

 遠野高校グランドをメインの会場に、震災後は遠野高校生たちの協力のもとに実施されているイベントです。

 当初は朝日長者の一人娘寒月姫の伝説の残る入遠野地区で、地域住民による実行委員会で実施されていましたが、震災後は遠野高校に舞台を移して実施されてきました。

 メインの舞台では、入下青年会のじゃんがら念仏踊りや鯉沼廣行氏と金子由美子氏による篠笛演奏会などを楽しみ、うまいもの市ではたくさんの入場者が提供される美味いものに舌鼓をうっています。暗がりに浮かぶ行灯の灯りを楽しむ方々の姿もみられました。









 満月祭の開催についてツイッターにツイートしておいたら、「行きたいが、雨でも実施するんですか」との問い合わせがありました。天気予報では降水確率100%というものもあったのですね。

 よっぽどひどくなければ実施すると思いますよ、と返事をしたものの、行灯などは和紙を使っていることから、最初から雨だと難しいかもと思いながら夕方を迎えました。

 雲は広がったものの、幸いに雨は降らず、午後5時30分に開会式が始まりました。私も選挙前に案内をいただいていたので出席し祝辞の時間がありました。



 満月祭の開催おめでとうございます。

 今日は降水確率が高いということで、心配・・


(この時、左目の目尻に雨粒がポツリ)

 あれ、雨だ。この話はするなということですね。

(笑い)

 これから暗くなるとと、会場に浮かぶ行灯の幻想的な姿を楽しんでいただけると思いますが、遠野の夜の良さを見ていただくと同時に、昼間の遠野に来ていただきたいと思います。

 今ならば、稲の黄色とマンジュシャゲの赤の対比をお楽しみいただけますが、ぜひ今日の満月祭をきっかけに昼間の遠野もたずねていただき、遠野をまるごとお楽しみいただきたいと思います。

 今日の満月祭を準備いただきました、関係者のみなさんと遠野高校のボランティアのみなさんい感謝をし、お祝いとさせていただきます。

 おめでとうございます。




 「稲の黄色とマンジュシャゲの赤」の下りでは、ウンウンうなずきながら聴いてくださる方も見えて、あいさつに納得していただけたのかなと勝手に解釈しています。

 祝辞を聞いていただきありがとうございます。

 さて、朝は愛犬の散歩、日中は、しんぶん赤旗の配達で遠野をめぐりました。

 朝の散歩で目に留まったのがホタルガ。葉っぱで休んでいるのですが、2頭がいたのです。何とか2頭を写真におさめようと、もたもたとカメラを準備している間に、1匹は飛んでいってしまいました。残った一匹だけをモデルにパチリ。



 いま、どこでも咲いているニラの花。そこにはチョウが飛んできて蜜を吸っています。キタテハ2羽が蜜を吸っていたところもありました。





 オレンジ色に黒の模様の表の翅。2枚目は翅の裏側ですが、とても地味。これが枯れ葉の中にいたら、見つけることはできませんね。

 こちらはイチモンジチョウ。車を近くに停めても、逃げることもなく、一生懸命、蜜を吸っていました。





 翅の模様が分かりやすいアングルを撮りたいと思うのですが、なかなか思うような構図になってくれませんでした。

 道端にはアキノタムラソウ。



 ツリフネソウも咲いていました。



 滝の水田の黄色とコスモス。コスモスがもうちょっと構図的に良い位置にアレばよかったのですけど・・。



 車を走らせながら、空に浮かぶ雲に気持ちが動きました。

 高い空に一様に浮かぶ雲の下に、入道雲のように立ち上がる雲。何となく雰囲気があります。写真に撮って、その画面をよく見ると雲の左側に猿の横顔が浮かんでいることに気が付きました。アメリカのラシュモア山の歴大統領の顔を彫刻のように、猿の横顔が雲に刻印されているのです。わかりますか・・。よく見ると絶対にわかりますよ。



 少し移動してこちらでもパチリ。



 すると2つの雲の塊それぞれに横顔が見えます。

 手前の雲は、眼窩のくぼみがあって、鼻はぺったんこですけど、口を少し開いて、顎に続く。ちょっと丸顔の横顔です。

 その奥の雲は、ウルトラマンに出ていた怪獣ピグモンの横顔。大きく口を開いて横を向くとこんな顔になるのじゃないかな。ちょっと鼻の下が長い気がするけれど・・。

 読者を回る中で、今回の市議選の結果とともに話題になった一つが9月3日におり込んだ活動日誌で触れた遠野でサルを見たということ。書かれていた端はどこと問われながら、サルの話をしていたのです。この話題が現実になって、雲に刻まれた・・まさかね。

 そういえば選挙の時に候補者カーを走らせながら、鳥が飛んでいるような雲やトラがかけるような雲を見かけたなー。造形を次々に変える雲も面白いものですね。

 最後に満月祭の写真をフォトチャンネルにしておきました。条件のある方はご覧ください。


遠野歳時記 満月祭 2016

『福島県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 各派代表者会議 / カタツムリ... | トップ | 活動日誌 No.185で選挙結果を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

イベント」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL