伊藤浩之の春夏秋冬

日本共産党の市会議員です。市政のこと、政治のこと、身近な花や生き物など思いつくままにつづっていきたいと思います。

ニホンミツバチとたくさんのトンボ

2016年10月15日 22時02分23秒 | 
 暖かい日になりました。

 朝の愛犬の散歩のコースの両サイドに、結構、セイタカアワダチソウが咲いています。花を見ているとブーンという羽音。

 探してみるとニホンミツバチがいました。



 暖かいので元気になったようです。

 葉っぱの上にはサンゴジュハムシ。



 しんぶん赤旗を配達していると、刈り取られた田んぼの上をたくさんのトンボが飛んでいました。

 アキアカネ、ナツアカネのたぐいでしょう。

 これはナツアカネです。メスですね。



 こちらはアキアカネ。オスだと思います。



 車で走っていると、路上のカマキリに気が付きました。威嚇のポーズをとっています。あわててハンドルを切って回避。車から降りて見ると、しっかりと威嚇してきました。



 反対側に回り込んでみると、こちらを向いてにらみつけます。ああ、怖。でも負けないぞ。

 
『福島県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 満月 / 八幡神社例大祭前夜祭 | トップ | これは・・絶句。グロテスク... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。