29Lib 分館

図書館・情報学関連の雑記、読書ノート、音楽ノート、単身赴任生活の愚痴など。

学長選挙があるらしいが、何を期待できるのか

2016-10-12 21:46:13 | チラシの裏
  勤務する文教大学で「学長選挙」なるものが行われるという。前任校では創立者の親族が理事会に君臨していて、学長も理事会の指名で決まっていた。勤務先を変えてみて、この世には自分の上司を選べる世界が存在するのか、と感動している。とはいえ文教大学の経営が上手くいっているわけではなくて、足立区に購入した土地の使い方をめぐって学内はけっこう荒れている。理事長や学部長が任期半ばで辞めているのだ。

  学長選挙には三人立候補するようだ。すでに僕も対立する二派から説得工作を受けた。だが、そもそも学長の権限はそんなに強くなさそうである。強いのは学部の権限である。学部としては合理的かもしれないが、学園全体にはメリットのない馬鹿げた案が、学部教授会で決定されたということで理事会を通ってしまうというのを経験している。そして、そのために教員から事務まで疲弊する。トップの権限が弱い、典型的な日本的組織なのだろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公共図書館は誤った目標を掲... | トップ | 国際情勢に合わせて集団的自... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。