29Lib 分館

図書館・情報学関連の雑記、読書ノート、音楽ノート、日常生活の愚痴など。

欧州ポピュリズム運動の過去と現状

2017-01-30 16:41:53 | 読書ノート
水島治郎『ポピュリズムとは何か:民主主義の敵か、改革の希望か』中公新書, 中央公論新社, 2016.

  ポピュリズム史。そもそもは19世紀半ばの米国の第三政党「人民党」が起源で、経済発展で取り残された人々の支持を集めたという。それが20世紀半ばのラテンアメリカに広がって、今世紀になってヨーロッパを席巻し、英国のEU離脱、さらには発祥地の米国に戻ってトランプ現象を巻き起こしている。著者は『反転する福祉国家』などの著作のあるヨーロッパ政治史の研究者である。

  僕が学生だった1990年代には、ポピュリズムの本場と言えばラテンアメリカ──特にアルゼンチンのペロン──で、そもそも途上国のみにおきる現象であり、保護主義と再分配重視の経済政策で資本逃避がおきて、最終的に国の経済を破壊したというイメージだ。著者は、今でもベネズエラのポピュリズムはそういうものだという。だが、近年の欧州のそれはまた別の特徴を持つとのこと。労働者階級が支持基盤で、福祉の対象として彼らと競合する移民に批判的であることは知られていることだろう。その方針はナショナリスティックに見えるものの、移民排斥の理由が「イスラム教が性差別的でかつ政教分離を認めない」であるように、リベラリズムがその主張の根底にあるという。したがって、ポピュリズムは反デモクラシーでも極右でもなく、リベラルな民主主義の一つの帰結である、というのが著者の見立てである。ポピュリズムは、変化した有権者のニーズに合わせるよう既存政党の改革を促す結果もたらすこともあり、民主主義を活性化させる貢献もあったという。

  とはいえ懸念も交えての記述であり、肯定一辺倒ではない。その展望は楽天的でも悲観的でもなく、曖昧なところだが、それはポピュリズム政治家がもたらす成果次第なのだろう。本書は、日本ではあまり情報のないデンマーク、ベルギー、オランダ、スイスなどの小国の政治の動きに詳しい。支持者が存続する限り、目立つポピュリスト──例えばドナルド・トランプ──が一時的に舞台から消えても、しぶとくポピュリズム政党は生き続けるという事実をこれらの小国は示している。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 健康法それ自体よりもメカニ... | トップ | イタリア産ながらクールジャ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

読書ノート」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。