イキイキと生きる!

「生き甲斐の心理学」の知恵を活かし、張合いのある毎日を楽しみます。縄文小説もね!

心を落ちつかせて祈ると・・・ (囚われからの解放 10/10)

2017年05月17日 | 第十章「今ここでの恩寵」

 ストレスの分類を何種類か生き甲斐の心理学で学んで役立っているが、次の分類も役立つ。それは、人間観からくる分類で、今ここでのストレスを自分の身体からくるストレス、自分の成育史からくるストレス、自分の魂からくるストレスと分けるものだ。欧米では、身体の問題は医者、成育史からなるこころの問題はセラピスト、魂の問題は宗教家といったように考えるようだ。

 身体と心と魂も数学的には独立変数ではなく何らかの相互関係を伴うようにも思う。人は不思議な複合体なのだろう。

 なにかに悩んでいるとき、なにかに囚われていると感じているとき・・・単純に例えば身体の問題と考えるより、こころや魂の可能性も考えると問題解決の幅が広がるように思う。それから、その道の専門家・・・と他律的に考える他、自立共生的に自分で処理していくこともこの時代だんだん大事になっているように感じる。

 例えば、お薬手帳を薬局でいただき薬の情報をもらえるが、これなども活用すると随分違う。

 さて、この2-3ケ月、囚われていることがあったが、こころを落ち着かせ祈っていると、ふと何か解決の方向に向かったことがあった。

 私は、毎日知人の中に、毎日ある時間に祈る人、あるいは座禅をする人、太極拳をする人・・・いろいろな方がいらっしゃることを知っている。私自身も座禅はしないもののそれなりにあれこれしているが、非科学的だといって馬鹿にしないで習慣にすることは大事だと思う。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ 人気ブログランキングへ <・クリック応援いつも感謝しています!

------------------------------------------------------------------

「縄文小説 森と海と月 ~五千年前の祖先の愛と魂~」購入方法

1.紙の本は 

  四ツ谷サンパウロ書房さんへ 定価(1,500円+税)送料別。

  電話:03-3357-8642(書籍・視聴覚)

  住所:〒160-0004 東京都新宿区四谷1-2 

2.電子書籍は定価(1,000円+税)でアマゾンさんで

  次をクリックしてください。

縄文小説 森と海と月: 五千年前の祖先の愛と魂

森 裕行


  なお、カスタマーレビューを書いていただけると励みになります!

また、問い合わせがありましたが、私の電子書籍は現在この縄文小説

だけです。同姓同名の方の著作がありますが、私の著作の確認はこちら

ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ストレスをどうさばいていく... | トップ | また奈良に行きたくなってま... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。