イキイキと生きる!

「生き甲斐の心理学」の知恵を活かし、張合いのある毎日を楽しみます。

もういくつ寝ると・・・(愛と親密性と孤立感 2/10)

2017年03月16日 | 第九章「愛」

 昭和30年代のころ。「もういくつ寝るとお正月」という童謡をよく聞いたが実感を伴っていた。普段食べられないご馳走や、家族そろっての団らんは楽しみそのものであった。逆に言うと、正月の前は忙しく粗食の日々だった。そして、それは貧しい時代だったかもしれないが、こころは豊かであったように思う。

 それが、いつの間にかハロウィン、クリスマス、正月、恵方巻の節分、バレンタイン、ホワイトデイ・・・と毎日がお正月のように、掻き立てられるようになってしまった。それで良いかということだが、私は少なくとも心理学的に良くないと思っている。私は、たまたまクリスチャンであるが、クリスマスの前には待降節があり、粗食の日とか一食抜く日などがある。今は復活祭を前にしての四旬節であるが、復活祭の前には、やはり粗食や一食抜く日がある。そして、貧しさを実感することが、大きな喜びにつながるように感じている。

 光と影という言葉があるが、大きな光を得るためには大きな影を認識する必要があるようだ。それは、決してキリスト教だけでなく、伝統的宗教は、そのような側面を必ずもっているし、また神話などでも同じような話が山ほどある。

 そういう観点から、愛と親密性と孤立感を思索し、自分の生活を反省するとどうだろうか。今日は考えてみたい。 

愛と親密性と孤立感 2/10

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ 人気ブログランキングへ <・クリック応援いつも感謝しています!

 

ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不思議な愛と親密性と孤独の... | トップ | 孫娘の書置き・・・(愛と親... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。