イキイキと生きる!

「生き甲斐の心理学」の知恵を活かし、張合いのある毎日を楽しみます。縄文小説もね!

楽しい慈眼の忘年会・・・(慈眼 5/10)

2016年12月13日 | 第七章「光と復活体」

 12月に入ると、忘年会が多くなる。企業でバリバリ働いていたころと違い、最近は趣味の会や近しい人たち、そして同志の忘年会なので100%慈眼の忘年会が多い。生き甲斐の心理学の用語を使うのは野暮かもしれないが、ロジャースの六条件に満たされた忘年会ともいうのだろうか。

 そういった忘年会は、あとで考えると・・・他者批判などが皆無だったり、表面的な会話ではなく普段では聞けない話があったり、思いやりに溢れていたり、退職者3大話し(年金、孫自慢、病気)がほとんど含まれなかったりする。そして、何よりも信頼関係がある人たちによる、個性あふれる会だ。平安感で始まり幸福感で終わる。

 昨日の八王子の太極拳の仲間による会もそうした一つだった。

 今の世の中は、すべて金銭で解決できるような雰囲気があるが、こうした楽しい忘年会は、お金だけでは得られない。本当に感謝である。

 慈眼 5/10

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ 人気ブログランキングへ <・クリック応援いつも感謝しています!

ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 邪眼スイッチをオフにする!... | トップ | コンピュータ邪眼からの回復... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

第七章「光と復活体」」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。