イキイキと生きる!

「生き甲斐の心理学」の知恵を活かし、張合いのある毎日を楽しみます。

こころの自由を得るために(1) (こころの自由 8/10)

2016年10月17日 | 第一章「意識と知覚」

 二泊三日の町田での勉強会から帰って、のんびりと「こころの自由」のことを考えています。環境、時代、置かれた文化、成育史、身体の状態・・・様々な要因の中で「こころの自由」を確保するのはなかなか大変です。

 しかし、環境、時代、置かれた文化、成育史、身体の状態などが人の「こころの自由」を脅かす何かであると意識することは自分を俯瞰しこころの自由に近づくために、とても重要だと思うようになりました。

 そして、U先生の「生き甲斐の心理学」の理論を使うと、どのように状況に応じて「こころの自由」を獲得していくかが、見えてきます。ただ、それは厳しい訓練を伴う必要があるようです。

 写真は昨日の満月がのぼるときのものです。茜色というのでしょうか、想像を絶する見慣れぬ月がのぼる。縄文時代の祖先などはどのような解釈をしたのでしょうか?黄泉の国の光を浴びて登る月・・・そんな風に不吉を感じたかもしれません。今の人は科学的に密度の高い水平線付近の空気により月の光線が赤色化して・・・とかでしょうか。そして、傍観するのでしょうか。しかし、月の意味を傍観するだけではなく考えることは重要だと思うのです。

 月のありようを見るにつけても、こころは意外に不自由なものかもしれません。

 アインシュタインは常識を批判し「十八歳までに身に着けた偏見の寄せ集め」(宇宙創成 サイモンシン 新潮文庫42ページ)と鋭い批判を言ったようです。常識を批判することは苦痛を伴いますが、時に常識を疑い、謙虚になることはこころの自由を得る上で大事だと思います。

こころの自由 8/10

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ 人気ブログランキングへ <・クリック応援いつも感謝しています!

 

 

 

 

ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 好奇心旺盛、真理探究の楽し... | トップ | こころの自由を得るために(... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。