イキイキと生きる!

「生き甲斐の心理学」の知恵を活かし、張合いのある毎日を楽しみます。縄文小説もね!

自然に触れる! (自分はどこに流れていきたいか 5/10)

2016年09月19日 | 第一章「意識と知覚」

 人生の夢を持っていても、日々難問がやってくるのもの。そんな中で悪戦苦闘すると、時には夢や理想が凶器となってしまうこともある。そのあたりのことを理解しとくことは大事である。

 今は季節の変わり目、夏の疲れもでてくる時期のようだ。こんなときは、のんびりとする一日も必要だと思う。一昨日。久しぶりに近くの大栗川周辺の散策をした。この時期は写真のようにニラと蝶のコラボが美しい。部屋の中で美しいデジタル画像を見たりしても、こころのそこから満たされることはないように思う。やはり五感と体感が全開するのは本当の自然の中なのだと思う。

 夏目漱石の草枕に次の一節があるが、とても気に入っている。今は秋だが、春のヒバリの話だ。

 春は眠くなる。猫は鼠を捕る事を忘れ、人間は借金のある事を忘れる。時には自分の魂の居所さえ忘れて正体なくなる。ただ菜の花を遠く臨んだときに眼が醒める。雲雀の声を聞いたときに魂のありかが判然とする。雲雀が鳴くのは口で鳴くのではない。魂全体が鳴くのだ。魂の活動が声にあらわれたもののうちで、あれほど元気のあるものはない。ああ愉快だ。こう思って、こう愉快になるのが詩である。

      

  

自分はどこへ流れていきたいか 5/10

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ 人気ブログランキングへ <・クリック応援いつも感謝しています!

 

ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 思い付き・・・と熟慮 (自... | トップ | 人生のお引越し!(自分はど... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

第一章「意識と知覚」」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。