イキイキと生きる!

「生き甲斐の心理学」の知恵を活かし、張合いのある毎日を楽しみます。

どんなストレスか?(私のストレスとは? 10/10)

2017年04月17日 | 第十章「今ここでの恩寵」

 今日は私にとって最大級のおめでたい日であった。復活祭での孫の幼児洗礼だったのである。そして、感動的なひと時が済んで、家族集まって夕食を囲んだ。が、何かへんだった。皆いらいらしてているようだった。私も、何かへんであった。

 こうした場合、自分のストレスを簡単に身体からくるストレス曲線、成育史からくるストレス曲線、魂からくるストレス曲線と分けてみることをU先生から学んだ。身体は医療(物理的な身体)の対象、成育史は心理療法やカウンセリングの対象、魂は宗教や哲学の対象である。まあ、簡単に言うと、このストレスから考えると、医者に行くべきか、カウンセラー(外国では国家資格がある)に行くべきか、宗教家のところに行くべきか・・・こんな分類である。

 私は、先週は風邪で熱を出したり、仕事が深夜まで及んでいたので身体からくるストレスだと思った。「いやー疲れてるのかな~」。そんなことを言うと、皆異口同音に「私もそうかな」。

 十分睡眠をとっての休養。こころのストレスをああだこうだと分析する以前に、睡眠が十分とれているか、体調はどうかは大事だ。特に4月はそんな季節かもしれない。そして、休養をとる。

 この区別は、今の世の中ではとてもに重要だと思う。十分寝ればよい、ちょっと気分転換すればよい・・・そんな時に、結果的にへんてこな身体の治療をして、ますますへんになるということを聞くことがある。魂や成育史の問題に過度な身体の治療(薬)はどうだろうか。

 話しはちょっと飛ぶが、認知症治療でスウェーデンでは医療より福祉に投資し、認知症が重度化するのを防ぎつつ、財政的にも成功していると聞いた。興味がそそられる。まあ、その真偽はわからないとしても、生き甲斐を求めている老人に、薬よりは別のものが必要なことは確かだと思う。生き甲斐の実現にそうことが重要ではないか(ささいなことでも)。

 そして、実はこの問題について、最近こころの疼きを感じている。

私のストレスとは? 10/10

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ 人気ブログランキングへ <・クリック応援いつも感謝しています!

 

 

ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛の原型を楽しむ・・・(私... | トップ | 年をとってからのストレス・... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。