山口日記

その日を記し、
その日を残し、
来るべき日を見据え、
来るべき日を迎えるために。

フリック

2017年08月08日 | 日記


フリック入力でパソコンを上回る早さで入力することを目標として、この日記を使おうと言う浅はかな企みは、この数行の文章を打ち込む間に打ち直した誤字のせいでもうすでに諦めようかと言う気持ちになってきている。

その時その場所にいることが必要であった仕事から、どこにいても自分と連絡さえ取れれば良いような仕事に変わったことで、仕事を効率化するにはパソコンを手放さないといけないなーと考えていた。一方で、休みの日にチョコチョコメールチェックをする小心者の自分から解放されたい気持ちも強くある。いついかなるときも対応できるという自由を得ることは、いついかなるときも対応しなければならないという束縛を手にいれたようなものだ。

高度経済性長期の日本では、恥もへったくれも無いような仕事の仕方をしていたのだろうか。今、過去の仕事に対する否定を目にするが、ではなぜ一歩抜きに出れたのだろうと考える。やり方とか、工程ではなく、ずば抜けた結果を求めたのだろうかと思う。今の成功者には泥臭い、非効率的なやり方と否定されるような、原始的で体育会系的であったとしても、ひたすらに恥もへったくれもないくらいにがむしゃらに、異常なほどに働いたのだろうかと思う。

今、その過程を学び、再び同じような発明を繰り返していること(すでに発明し終わっていることを知らずに一生懸命発明をしようとしていること)を無くし、前人が切り開いた道はありがたく使わせてもらう事が大切だと思う。だから効率よく過去の発明を学び、無駄な開発をしていてはダメだ。

フリック入力に代わる発明は現れないものか…。
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フルスロットル | TOP | 本当の自分 »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 日記