長谷川嘉俊の夏の訪れ

長谷川嘉俊がこれからの季節にピッタリな情報をお届けします!

賞味期限と消費期限の違いは?!長谷川嘉俊

2017-06-14 13:27:28 | 日記

どーも!長谷川嘉俊です!


さっき冷蔵庫を開けた時にふと疑問に思ったんです。


よく買ったものに書いてある賞味期限と消費期限って


なにで使い分けてるんですかね?


ということで調べてみた!



賞味期限と消費期限の違いは?


賞味期限は
定められた方法に従って保存した場合に、
その食品に期待される全ての品質を
十分保っていると認められる期限のことをいいます。


簡単にいうと加工食品で期限内であれば、
おいしく食べられることを保証する期限のことです。


消費期限は
定められた方法で保存した場合に、
品質が劣化しやすく速やかに消費すべき食品
(製造または加工後およそ5日以内で品質が劣化するもの)
について、


腐敗、変敗などの劣化に伴う衛生上の危険が発生する
おそれがないと認められる期限のことをいいます。


こちらも簡単にいうと
安全に食べられる期間です。


スポンサードリンク

<iframe allowfullscreen="true" data-mce-style="letter-spacing: 0px; left: 0px; position: absolute; top: 0px; width: 615px; height: 280px;" frameborder="0" height="280" id="aswift_2" marginheight="0" marginwidth="0" name="aswift_2" scrolling="no" width="615"></iframe>


賞味期限切れと消費期限切れの食品はいつまで食べられる?


賞味期限は美味しく食べられる期限なので賞味期限が
切れたとしても


それ程日数が経っていなければ食べることは可能です。


実際に賞味期限切れの食品を特価で販売している
スーパーもあるくらいです。


消費期限は5日以内で品質が劣化するものと
なっているので、


例えば
弁当、惣菜、調理パン、生菓子、生めん、食肉等が
挙げられます。


賞味期限は保存試験(または虐待試験)をして
賞味期限を決めますが、


100日間商品が食べられる状態にあれば
賞味期限はその7割位で設定している
メーカーが多いです。


この場合の賞味期限は70日になります。


きちんとした状態で保管していれば30日間はまだ食べられる
状態にあるので、


賞味期限が数日切れた位ではそれ程気にしなくても良いです。


反対に消費期限が5日間の場合本来は7日間は
食べられる(可能性がある)場合が多いです。


ただし消費期限が1日の食品とかは保存試験で
2日持つか持たないかなので


期限が切れて数時間以内であれば問題ないと
思うのですが


翌日やそれ以上になると安全性は
保証できません。


 



 


アイスクリームに賞味期限がないのはなぜ?


アイスクリームには賞味期限が書かれていませんが
知っていましたか?


これはー18℃以下で冷凍保存した場合に
細菌が減ることはあっても増えることが無いため


アイスクリームは腐らないと判断しているからです。


ただ賞味期限がないから何年も品質が保たれている
のかというと


やはり時間が経つと味は落ちてしまいますし、


家庭用の冷凍庫は開けたりすることがひんぱんなので
-18℃以下で保存できていない可能性もあります。


購入したらできるだけ早く食べ切りましょう。


 




 引用 



賞味期限と消費期限の違いは?期限が切れた食品を食べても大丈夫? | 健康一番



 



へえ~~!!!これは知らなかった!めっちゃ関心!!



でも、賞味期限・消費期限ってちょっと言葉が似てるから、



どっちがどっちか分からなくなるよね。。。



まあとにかく、こういう意味で使われてるんですね。



今まで、賞味期限が切れたらすぐに捨ててたわ。。。あー勿体ない!



今日知れてよかった!



以上、長谷川嘉俊でした~

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パグとブルドッグの違いはな... | トップ | え?生クリームとホイップク... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。