長谷川嘉俊の夏の訪れ

長谷川嘉俊がこれからの季節にピッタリな情報をお届けします!

長谷川嘉俊~皆は知ってる?クロコダイルとアリゲーター~

2017-06-16 16:06:04 | 日記

どうも、長谷川嘉俊です~


今日は、クロコダイルとアリゲーターの違いを紹介します!


これ結構ずっと気になってたんですよね。


一応これくらいの英語は分かるので、ワニといったらこの二つの単語を思い浮かべてこれって使い分けとかあるのかなって思ってたんです。


気になるので調べてみました!


 



クロコダイルとアリゲーターの違いは?スペルは?


◆クロコダイル


クロコダイルのスペルは「crocodile」です。


ワニ目クロコダイル科の仲間で、気性が荒く、いわゆる人食いワニと言われるワニの多くはこちらのクロコダイルです。


主にアジアやアフリカの河川・沼地などの淡水域に生息する肉食動物。


全長は種類にもよりますが最小種のニシアフリカコビトワニで2m、イリエワニのような大型種となれば7mもの大きさに達します。


頭部がV字のように尖った形をしていて、口を閉じても歯が見え、特に下あごの前から四番目の歯が根元から尖端まではっきり見えるほど大きいと言うのが特徴です。


腹を地面に付けずに体を持ち上げるように歩き、腹には感熱器官があります。


◆アリゲーター


アリゲーターのスペルは「alligator」です。


ワニ目アリゲーター科の仲間で、一般的にクロコダイルよりは比較的大人しいようです。


海水でも生活ができ、アメリカ・南米の河川・沼地などの海水域などに生息する肉食動物。


全長は最小種のコビトカイマンで1.2~1.5m、最大種のアメリカアリゲーターで6mほどと言う事で、クロコダイルよりは少し小ぶりです。


頭部はU字のように丸みのある形をしていて、下あごの方が上あごよりも少し小さい為、口を閉じると下の歯はほとんど見えないのが特徴です。


腹を地面にくっつけて歩き、クロコダイルとは違って腹に感熱器官はありません。


 




 引用 



クロコダイルとアリゲーターの違い ~革製品の観点やカイマンとの違いも~ | 違いを知りたい好奇心サイト−ちがいッチ!



 



日本語では、どちらもワニですが、



一応違いがあるんですね!



知らなかったー。ってことは、



英語圏の人は、ワニの違いは既に分かってるのかな?



それもまた新しい疑問!



では、長谷川嘉俊でした

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« え?生クリームとホイップク... | トップ | 若者に大人気!ホットケーキ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。